スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
タナカマキコと四角豆
撮影のため、髪を(たなか)巻き子
DSCN4566_convert_20091005020256.jpg
にしていただきました。

関係ないけど私の祖父は私を「土井たか子のようにするぞ」と
意気込んでいたとの話です。私が思う限り、多分叶えられていないと思います。
ごめんなさい、おじいちゃん。
土井さんファンのみなさんも、ごめんなさい。

そしてまたcovi'sに秋の味覚を求めにいって参りました。

今日の収穫は「四角豆」。
形状はアロエを円柱に限りなく近づけたような感じ。

DSCN4553_convert_20091005014806.jpg

これが豆なの?という成りをしているものの、味はインゲン豆に近いから納得。
こちらも三浦の野菜で大元はタイなのだそう。

あとは焼き芋をグリルにしていただいたり、オクラ、かぼちゃ、エリンギなど
秋味を堪能しました。締めのアイスも栗で満足。

「食欲の秋」というフレーズを多用することによって、
自分への規制緩和をして(しまって)いるのは私だけではないはず。


スポンサーサイト
[2009/09/28 00:58] | 野菜ソムリエ | トラックバック(0) | コメント(0)
イメトレは暴れん坊将軍
初めての体験でした。

名前はチャーリーというなかなかのイケメン。
確か齢80歳だったかと。申し分ないです。その優しい目には
誰もがひれ伏すことでしょう。すぐ寝てしまうところが玉にきず。
でもいいんです、私を夢の世界へいざなってくれるのですから。

何の話かというと、念願の乗馬に行ってきたという報告です。
「脱・日常、入・ロマン」というテーマを掲げ、行って参りました。

まずはヘルメットとブーツと、仮面ライダーみたいな防弾チョッキ
(正式名称わかりません)を装着し、馬小屋でパートナーとの初対面。
チャーリーはそのお年のせいもあって、かなり穏やか。癒し効果抜群です。

一通り説明を受けたあと、早速もう乗っちゃいましょうとな。
荻原健司似のトレーナーさんのユニークで丁寧な指導と、バレエ仕込みの姿勢法と
股関節の柔軟性もあって、何の迷いもなく、さらりと乗ることができました!

本来ならば、手綱を緩めてかかとを馬の銅にぎゅーっとすると進むはずなのですが、
チャーリーはおじいちゃんだからか、私のサインをなかなか感じ取ってくれません。
(私が乗ってるにも関わらず、即、寝てるし)

荻原健司似のお兄さんが
「そういうときはキックしていいんだよ」と。

私は「そんなチャーリーを蹴るなんて…」と0.5秒ほど思いましたが、

心を鬼にして思いきりキック。チャーリー起きる、動く。
チャーリー眠くなる、止まる。→キック

を繰り返しました。段々キックも効かなくなってきていて、
私のキックも「ウルトラキック」「スーパーウルトラキック」
と三段階くらいのギアチェンジが出来るまでに。
荻原兄似も「関さんは蹴りがうまいね」という微妙なほめ方をしてくださいました。

あっという間の30分で、チャーリーにさよならをいうのが辛かったです。
来月またくるからね。私はそういって馬場をあとにしました。

彼はやっぱり寝ていました。

DSCN4527_convert_20091005015743.jpg
起きている頃のダーリンと
[2009/09/27 00:54] | | トラックバック(0) | コメント(0)
しみ込む歌舞伎【歌舞伎座 夜の部】
宣言通り、二回目観ました、歌舞伎座夜の部。

ぎりぎり滑り込みセーフの千秋楽での観劇。

楽日の雰囲気はどこかお祭りっぽくて好きです。

最後の力を振り絞っておみこし担ぐ人たちの熱気に似てる。


全体の内容については前回の通りなので割愛しますが、
やっぱり福助さんの人形振りは、マッツエック版のジゼルを思い起こさせました。

狂う(正常な精神でいられない)ということを、表情の変化ではなく、
動きの伸縮で表現するところとか。


それにしても、短期間の間に同じ演目を観ると、役者さんの演技が
身体にしみ込む感じがしました。


その染みがいずれ自分の血となり、肉となればいいなという願いも込めつつ。








しみチョコ食べたくなってきた!
[2009/09/26 00:50] | 歌舞伎 | トラックバック(0) | コメント(0)
鏡と音楽
勅使河原三郎氏の新作「鏡と音楽」を見ました。
新国立劇場の奥行きを存分に使い、トドマラナイ舞台。

鏡という具象と、音楽という抽象を並べたタイトルがひっかかっていた開演前。
幕が開いた途端、そのような「鏡は触れることが出来るけど音楽は触れることが出来ない」みたいな捉え方自体が間違ってると気がつきました。
鏡といえば、内面を映すとか、もう一人の私とか、そういう記号的な
パントマイムをどこかで予想していた自分が恥ずかしくなった、そんな一夜。
[2009/09/25 20:13] | | トラックバック(0) | コメント(0)
生まれ変わる にゃん度でも
コンドルズは最高です。以上。

...もうそれしか言えないんですってば。


グローブ座で行われた
「コンドルズ 日本縦断大転生ツアー2009 Nine Lives
東京公演 スコティッシュフォールド・スペシャル」

GREEN DAYではじまり、マイケミ(マイ・ケミカル・ロマンス)で終わるまで、
頬の筋肉が疲れるくらい笑い、しんみりし、その圧倒的なパワーにやられました。

進化しまくり。転生しまくり。

本日は千秋楽おめでとうございます。


【告知】コンドルズ×感劇市場(学習院女子大で行われる芸術の祭典)の企画で、

「Condors  コンドルズ 
Choreography コレオグラフィ
Competition  コンペティション」(長い)


略して


「CCC」(いいやすい!)

を開催します!
企画側でほんのり参加させていただいてます。

詳細は感劇市場HPにて。
http://www.kangeki-ichiba.org

cccのページはこちら
http://www.kangeki-ichiba.org/others/ccc.html

25歳以下であれば、誰でも参加できます。
(実際に踊るダンサーの年齢は問いません)
グランプリには、良平さんと石渕さんによる生演奏で、
感劇市場で披露して頂きます。


お二人のインタビューも近日公開予定(撮りたてほやほやなので)。
お楽しみに!

[2009/09/21 00:21] | | トラックバック(0) | コメント(0)
Apartment展 初MTG
どきどきという感情には2種類あって、

ひとつは自信がなくて「果たしてうまくいくかしら」のどきどき。

もう一つは、素敵な予感がして「わくわくして眠れない」のどきどき。

今はまさしく後者のどきどき。
(繰り返しすぎて「ぎとぎと」に見えてきた)

その幸せなどきどきの理由は、
laskaの11月の展示会に出演させていただけることになったからです!

ご一緒させていただくのはlaskaの留美子さんと、
フードコーディネーターの山崎しづかさん
イラストレーターのオオノ・マユミさん
皆様すでにご活躍中で、本当に素敵な方。
その記念すべき初MTGを恵比寿のcociにて行いました。

ファッション・フード・イラストレーション・ダンスが
Apartmentという共同体で、それぞれが関わり合っていく。
そんなイベントになりそうです。

これから、遠足や運動会の日を心待ちにしているような毎日が始まります。
幸せな方のどきどきを維持したままで本番を迎えられますように。
なーむー
[2009/09/16 23:54] | | トラックバック(0) | コメント(0)
秋味をカフェで堪能
カフェ飯を侮ってはいけません。
黄昏る場の提供はもちろん、食事も満足できるお店が増えています。
combineもその一つ。目黒川沿いの静かなお店で、本に囲まれながらランチも楽しめます。
今日のランチメニューは四種類。

A牛腿肉と季節野菜のカレー
Bサーモンのゴマだれ漬け丼
C鶏肉の軟骨入りハンバーグプレート
Dベーコンと野菜のあっさりフォー

いつもなら間違いなくDを選びそうなものなのですが、
季節を感じるために、珍しくBのサーモンをオーダー。
なんせサーモンは「秋味」と呼ばれる位、旬のもの。

この選択に間違いはなかったです。

丼といってもお洒落な浅いプレートにサーモンが贅沢に並べられ、
ミョウガ・ネギ・キュウリ・小松菜、そしてきざみのりが添えられて絶妙な味。
甘めのごまだれと、ピリッと薬味の相性は抜群。
もちろんサーモンも脂がのっていて、秋味としての存在感に拍手。

ごまドレは市販のものでも代用できそうだし、
このおいしさは家で再現してみたい。と、しげしげ眺めつつ、食しました。


バレエも食生活もバランスが大事。
野菜も魚もまんべんなく食べましょう(自戒)

DSCN4474_convert_20090914102808.jpg
サラダ付で950円也

DSCN4477_convert_20090914103123.jpg
combineの前身は下高井戸にあった小さな古本屋。
中目黒に移動した際、古本カフェバーに。
並べられている本は超マニアックで心躍ります。
読書の秋。
次来るときは、背表紙からオーラが出ていた「ヴァイルとブレヒト」を手に取れる勇気を持ってきます。
[2009/09/14 10:47] | | トラックバック(0) | コメント(0)
1ダイゴさん
本当に面白い芝居というのは、身体にしみ込む。
久々に劇場で目から汗が。

目汗の原因は
ゴジゲン第7回公演 「ハッピーエンドクラッシャー」
という作品。
主催者の方と一緒に芝居をやっていた友と共に行ってきました。



常々思うのですが、明らかに「泣かせる」ことをゴールにした映画や小説は、
そこまでに感情を温められていないのに、ピンポイントで悲劇を繰り広げようとしてくる。
だから警戒して見てしまい、余計に冷めてしまう私。

その点、人間の弱いところと、優しさと、予想の出来ない偶然を
すごくデリケートに描いていて、且つ笑いという心のほぐし薬を
うまく用いているゴジゲンの芝居。だから無防備でその世界に入り込めるのかなと思いました。

同年代の方が世間に揺さぶりをかけている姿をみると、頼もしくも羨ましくもあります。

余談ですが「ゴジゲン」の主催者が(松居)大悟さんなので、
つい

劇団「ゴダイゴ」

と間違えてしまいます。
すみません。
あと4ダイゴ探してきます。
[2009/09/13 23:35] | | トラックバック(0) | コメント(0)
ドーナツ人間予備軍
打ち合わせのため、新宿へ。少し待ち時間があったので、
どこかに入ろうと思いサザンテラス付近をうろついていると、
クリスピークリームドーナツが目に入りました。
しかも列をなしていない!ので初独りドーナツをすることに。

L7040300.jpg
おねいさん、1つおまけしてくれても2個も食べられません。。

L7040299.jpg

この機械をみたときに、もしかしたら向こう側には罪深き人々が
集められていて、罰としてみんなドーナツに変えられて、ベルトコンベヤーに
乗ってきているのかも。

なんてメルヘンチックなことを考える今日この頃。あ、少しブラックなメルヘンでしたか。
[2009/09/12 23:04] | | トラックバック(0) | コメント(0)
孫の手のような
もはや定番となった、ネイル談義。
麻布十番est nailに行くまでの道すがら、秋っぽくしたいと目論んでいました。
浅野さんに会って、今回は自由だからモード系にしようと。
私が昔ショー(しぇーじゃない)に出たとき、真っ青なネイルを施されたことがあって。
そのときの爪が気に入っていて、紺に近い青は、思い切り自由なときに選ぶ色。
今回は浅野さんお勧めの、もっとダークな紺色にしてもらいました。
微妙なアンバランスさとか、浅野さんはほんとかゆいところに手が届くネイリストさん。

でも気がつきました。形状的には、私の手が孫の手のようだということを。
DSCN4468_convert_20090910180628.jpg
よく「身長140㌢代の手の大きさだね」と言われてしまう。
測ってみたら、手のひらの付け根から一番長い中指まで15㌢でした。
[2009/09/09 18:01] | | トラックバック(0) | コメント(0)
9月歌舞伎座 夜の部
相変わらず、終演後はドライアイです。
目を離す隙がないほど、たっぷり堪能してしまうので。

「鈴ヶ森」は雲助の殺され方がグロテスクなのに、微笑ましい。
顔の表面を削がれている彼を見て笑う私は無慈悲なのでしょうか。

だんまり(数分間の無言劇。多くの登場人物が暗闇の中で探り合うパントマイムのようなもの)
という趣向といい、歌舞伎の様式美の要素を挙げたらきりがありません。

そしてそして、「勧進帳」です。軽く現実逃避してしまいました。
右目に吉右衛門さん(富樫)、左目に幸四郎さん(弁慶)&染五郎さん(義経)を
映すことができたのですから。こんな顔合わせ、あり得ないです。

そんな夢うつつのまま「お土砂」で笑い、お待ちかねの「櫓のお七」。
私を歌舞伎の世界にどっぷり浸からせる決め手となった《人形振り》の芝居。
とりあえず、もう一度見に来ることを固く決意しました。
DSCN4458_convert_20090910175758.jpg
秋ですね。柿のおまんじゅう。
[2009/09/07 17:10] | 歌舞伎 | トラックバック(0) | コメント(0)
豆と白いごはん
DSCN4453_convert_20090910170406.jpg
というか豆たっぷりのカレーなんですが。

あまりにも「豆!そしてご飯!」って二極化していたので。
DSCN4452_convert_20090910170543.jpg
↑ご飯つぶと豆つぶ、どちらの数が多いか数えている。

訳ではない。


下北沢にあるmois cafe(モワカフェと読む)はいつ来ても迷う。

向こうからすれば隠れてないのに、探せない。
そんな町、下北沢。
[2009/09/06 16:53] | | トラックバック(0) | コメント(0)
トリツカレ
TOKYO JAZZ FESTIVAL 2009に行ってきました。
お目当てのあの方以外、全然曲もアーティストも調べていなかったので、
N響が出てきたときはびっくりしました(笑)
でも久々にオーケストラを堪能できたし、ラプソディー・イン・ブルーはぐっときたし、たなぼたもの。

ででで、結構じらされた後の(ウーター・ヘメルが退屈だという訳ではなく)
・・・上原ひろみさん!矢野顕子さんとの再共演。

とにかくしびれました。
なぜあの細い腕からあんなに力強いタッチが生まれるんだろう。


彼女はピアノに選ばれているようにも、とりつかれているようにも見える。
そして、とても無邪気に、いとおしそうにピアノに触れる。

そんな彼女のことを観客である私たちは愛しく思う。


数年前までジャズとは乗るものだと思っていた私ですが、
今ではビル・エヴァンスを聴いて泣けるまでに成長しました。

因みに大学のとき、ホンダのほうのジャズは免許取ってないのに
上野に行って買おうとしました。はい。
[2009/09/04 16:28] | | トラックバック(0) | コメント(0)
口癖はカワバンガ
なのはタートルズのミケランジェロ。ちなみにヌンチャクの達人らしい。かめなのに。

で、私が大好きなカフェの一つなのも ミケランジェロ

しゃれおつカフェの代名詞になりつつありますが、雰囲気だけじゃありません。
味も確かです。なんてったって「ひらまつ」系列ですから。

今日はぬぼーっとしたいのと、本を読みたいのと、給仕してもらいたいという
微妙なテンションだったので、心臓破りの坂を上りきり
ミケラン ジェロりました(演歌ではない)

DSCN4434_convert_20090904002119.jpg
オリーブがふんだんに使われたサラダ。トマトドレッシングさっぱりこ。

DSCN4437_convert_20090904003548.jpg
本日のスープ。チキンとズッキーニの相性よし。
隣のはピアディーナというピザのような薄い生地の間に生ハムとチーズを挟んで
プレスしたたべもの。この店で私は8割方これを頼む。
オリーブオイルをつけると最高。

ミケランジェロというと連想したものシリーズ
幼稚園の頃→かめ
(ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ好きだったから)
中学生以降→画家
(真面目に。)
大学生以降→なんちゃってシティガール
(ミケランジェロに通えば誰でもその気になれます)


[2009/09/03 00:57] | | トラックバック(0) | コメント(0)
プロフィール

Author:関亜弓
ブログ移行のお知らせ

お手数ですが
新しいブログのURL

http://ameblo.jp/sekiayumi828/

へのブックマークの変更をお願いします。


○出演情報詳細は関亜弓公式サイトをご参照ください

○所属事務所:バウンドプロモーション

・出演情報
クロワゼ(雑誌)
ワコール CW-X(広告)

(執筆)
【電子書籍】publamより「市川染五郎の妄想歌舞伎デイズ」」App storeにて発売中
上記サイト内で染五郎さん直筆メッセージ・CGクリエイターの秋元きつねさんの歌舞伎アニメ動画をチラ見できます!

染五郎さん公式ブログ
歌舞伎美人ニュースページ
にも掲載!

ダウンロードはこちらのページより!

【雑誌】小学館 Cheese! 歌舞伎漫画「ぴんとこな」コラムページ「ぴんとこなナビ」連載中

【舞台】
(new!)【京都×横浜プロジェクト2011 『夏祭浪花鑑』出演決定】

●京都公演
日程|2011年12月8日(木)~11日(日)@アトリエ劇研
●横浜公演
日程|2010年12月16日(金)~19日(月)@STスポット

演出|白神ももこ[モモンガ・コンプレックス]
監修・補綴|木ノ下裕一  美術|杉原邦生


出演|楠 海緒/重岡 漠(青年団)/関 亜弓/殿井 歩/富松 悠/松尾 恵美/連 木綿子



「友情~秋桜のバラード~」
看護士 佐々木万里役 出演
※大盛況のうちに閉幕いたしました。
ご来場ありがとうございました。

【出演】
内海光司/星奈優里/手塚学/名和利志子/小野剛民/関亜弓/高樹京士郎/藤井美加子/大門正明(三越)/山崎バニラ(渋谷)/他

【CM】ハウス食品:ウコンの力
からだ巡り茶(webCM)

【公式携帯サイト】Ballet-Mobile(バレエモバイル)編集長
【web連載】「ちゃぶーん!」たべものニュース執筆
(ジュニア野菜ソムリエとして)

Ballet-Mobile QRコード

公式サイトとして唯一のバレエ専門携帯サイト。 踊れる編集長として、公演情報・バレエコラム・インタビュー動画を随時更新中。

QR

※携帯からのみ閲覧いただけます

最新記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

カテゴリ

読書メーター

自滅の最近読んだ本

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

読書メーター

自滅の今読んでる本

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。