スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
己のアドレナリンでハイになれ
わー!!
本番当日の朝、花道から、本舞台からの景色を想像して楽しくてにやにやしながら劇場に向かってます。

これがあるからやめられない。
刺激物を服用しなくても、ハイになれるんだ。


ぜ!

うわわ、わ、わ。

ぬはー!

いってきます!!

↓ここからテンションあがりすぎてアップできなかった昨日の私が残したもの

明日本番です。
今日ゲネで、府中の森芸術劇場に初上陸。なんとまあ、失効寸前の免許を更新する用事もあり。
なんとか時間を切り詰め、免許センターいったら受け取る寸前でタイムアップ。
郵送の手続きをして劇場に向かう事に。時は金なり!

府中の森芸術劇場は、
9月19日にリニューアルしてすごくきれい。改装後、ふるさとホールで本格的な公演を打つのは私たちが初めてらしい。足を踏み入れると、既に大川端使用!土手も出来てて、花道も長くあって廻り舞台もあって
興奮しまくりでした。

景気付けにお寿司をいただき実家に帰宅。

もう早く明日にならないかな、と遠足前の
小学生気分。

実はつい数日前に謎の百日咳みたいなのが再発してて、
びびりまくってたのです。
マスク+風邪シロップの「せきたん」+龍角散のど飴を口に充てがう
綱渡りの数日間。

総ざらいのときは無我夢中だった。
鳴物さんたちが入り、もう何年もお世話になっている
歌舞伎座の大道具さんたちと師匠が相談していて
その光景をみるだけでわくわくする。
声を思い切り出せなかったのが悔しかったから、
喉が治って、台詞をいうのが楽しくてしょうがない。

さすが黙阿弥。役者の気持を高揚させる天才だ。

新蔵さんは声の治った私を「うるさい位」
といっていたほど(笑)

明日の本番どうなってるか、是非確かめにきてください。

私もどうなっちゃってるか想像できませんけど
スポンサーサイト
[2010/09/25 08:18] | 歌舞伎 | トラックバック(0) | コメント(0)
歌舞伎公演 出演のお知らせ
30三人吉三表
30三人吉三裏 
宣伝アートディレクション:OU DESIGN STUDIO アートディレクター OU

学習院国劇部 第百回記念公演

歌舞伎公演のお知らせです。

この度、学習院国劇部100回記念公演に出演いたします。
私は「三人吉三巴白浪」のお嬢吉三を務めさせていただきます。

本興行のスタッフの方々による、本格的な舞台となっておりますので、
歌舞伎をご覧になったことのない方も是非、足をお運びください。

今回は第一部と第二部の二部構成で、
現役学生との特別公演となります。

【日時】
2010年9月25日(土)

【場所】
府中の森劇術劇場 ふるさとホール
http://www.fuchu-cpf.or.jp/theater/
東府中駅(新宿から約25分)北口 下車 徒歩7分

【タイムスケジュール】
第一部
10時30分開場
11時30分~13時 「恋飛脚大和往来 封印切」(学生)
13時15分~13時45分 「三人吉三巴白波 大川端庚甲塚の場」

お嬢吉三      関亜弓
お坊吉三      中村大輔
お登勢        戸澤朋美
駕籠        清水倫之
駕籠        郷家貴昌
太郎衛門    宮地和也
和尚吉三      家田浩治

第二部
14時開場
15時~15時30分 ご挨拶
15時30分~17時 「伊勢音頭恋寝刃 古市油屋の場、同奥庭の場」

【チケット代】
第一部、第二部ともに1500円(それぞれにチケットが必要です)
完全入れ替え制

お越しいただけるようでしたら、こちらのメールに
枚数とお名前を明記の上、ご連絡いただければと思います。
お早めに予約していただいた方に、記念公演手ぬぐいを差し上げます。
(数量限定)
お誘い合わせの上、ぜひお越しくださいませ。

[2010/09/24 10:43] | 歌舞伎 | トラックバック(0) | コメント(0)
祭りのあと
舞台が終わってもなんやかんやで文化祭メンバーと会っていた。
クラスの行事が終わって、普通授業に戻ったみたいだ。

それぞれの道を歩きつつも、どこかで寄り添っている。それってすごいな。

9月8日
とりあえず爪を整えてから実家に帰省。

そしたら私の寝床にうさぎがいた。
usagibirthday.jpg

姉からのプレゼント。
そういえば稽古→本番という最中の誕生日だったから家族に会えなかったんだった。
それでも家族全員が別々にメールくれたことを思い出すと、本当に感謝。

うさぎが持ってた手紙
letterbirhday.jpg


そうだよな、うん。

嬉しかったから、京都の紙屋さんで買って大事にとっておいた一筆箋で返事を書いた。
たまにはふーって息はいて、ゆっくりネムルことは大事。



といいつつ、次の嵐にのみこまれる毎日。
ごめんよ、うさぎ。アドバイスはしかと受け止めている!

9月9日
秀山祭を観にいった。猩々・鐘ヶ岬・うかれ坊主を
松緑さん、芝翫さん、富十郎さんと踊りの名手による演目がずらり。
特に松緑さんのぶれない、ちょっと人間離れした踊りに見入った。

で、秀山祭の目玉、吉右衛門さんの俊寛。
自分の世界に酔いがちなこのお役を、吉右衛門さんが
演じると人間関係がちゃんと浮きだってみえる。
だからこそ、最後取り残された俊寛に感情移入し、深みを感じる。

そして最後の「引窓」。染五郎さん演じる清々しい南与兵衛(後に南方十次兵衛)
のヒーローをみて、しんみりしたり笑ったり。
こういう、「この芝居をみてハッピーになった」と思える感覚は歌舞伎とか小劇場とか関係なく大事な楽しみ方の一つだ。
そうさせる由縁は、演目はもちろん、役者によるところが大きい。
染五郎さんの、所作の美しさや絶妙な間が芝居全体の心地よさになる。

そんなヒーローにご挨拶に伺い、しかも私の出る「三人吉三」のチラシも献上した。
染五郎さんも「あ、歌舞伎役者なんだよね」と、(笑)が3つ位ついた
コメントをくださり、その図は面白すぎた。

しかも最低なことに私の靴下に穴が開いてしまって、
それを隠すために日常に輪をかけた挙動不審っぷりだったように思う。

演舞場楽屋、出入り禁止にならないことを願う。

9月10日~13日

あー長くなりそうなのでまとめます。
三人吉三の稽古では相変わらず不良になること。バレエが残っていることのご指導をいただく。
ひょえーい

文化祭共演者と飲んだり、バレエいったり。

人と人の距離が縮まるのは、気温の低下に関連
しているのかと考えたり。

OKAMOTO`Sのあの歌が離れなかったり。

MAXオブ祭りボケ。
umi.jpg

言葉<体温
[2010/09/13 11:02] | 歌舞伎 | トラックバック(0) | コメント(0)
青春。
続・写真で振り返ろう、甘じょっぱさ。

mikiueno.jpg               zyoshi.jpg
ベンチで食欲と別の欲を満たす上野さん(右)  ありがちな、グループのなかで必ずジャージな一人
eagle.jpg              rucy.jpg
稽古期間お世話になった喫茶「イーグル」(左に変な人がうつりこんでる)とカレー屋「ルーシー」
             
agoraneru.jpg休憩中、舞台上で寝てる人たち。一人はガン寝。一人はたぬき。一人はまくら。

witeihatsu.jpg
主宰からバリカンの洗礼。関千田三部作のお陰で失ったものと得たものは計り知れない。

sakimiki.jpgカウント地獄を共に切り抜けた派手キャラズ。この3人でよかった。

sashiire1.jpgsashiire2.jpgsasiire3.jpg

たくさんのお花やお菓子の差し入れありがとうございました。お陰さまで幸せなニキビができました。

kunioniku.jpg
そして、一番おつかれさまでした。






[2010/09/10 14:20] | 演者 | トラックバック(0) | コメント(0)
甘じょっぱかったぜ
KUNIO07「文化祭」チラシ裏の役者一言。
すべてはここからはじまった。
chirashi.jpgちなみに表面→15nichichirashi.jpg


これを書いたときはこの作品がどうなるかなんて知る由もなく、
またこの出会いがどれだけ自分の中で大きなものになるかなんて考えてもいなかった。

台本のない稽古の日々。台詞に逃げずにどうしたら伝わるか。
キャラクターに頼らずに何を生み出せるか。

芝居は理論や方法論ではなく、血や肉で出来ていることを改めて感じた。




これは稽古についてで、自分勝手なお話です。
本番についてはお客さんに委ねています。
とにもかくにもご来場ありがとうございました。
大半のお客様が来てよかったといってくださり救われました。

写真で振り返ろう、青春。

2ショット撮ってくれたみんな(クリックで拡大らしい)

bakuchan.jpgnikaidoshi.jpgmoe.jpgnakatausa.jpgnakatachan.jpgyukorin.jpgzashisan.jpgwiii.jpgakkkkina.jpgdevilmanshochan.jpgmikiuchiage.jpgzonoshi.jpgfumichan.jpgbashisan.jpg



複数なみんなとか個人的なみんな
tonoizhansomasan.jpghade.jpguomorisan.jpg写真birthdayshibuya.jpgmaxgakuya.jpgbusstop.jpg
syochanningyo.jpgmacchan.jpgminami.jpgseihukuzyoshi.jpg
























 
[2010/09/10 13:03] | 演者 | トラックバック(0) | コメント(0)
最高の誕生日から千秋楽まで

ハニワの日に生まれたことをこんなに感謝したこともない。本番直前だし、覚えてないだろうなと
思っていたら、稽古終わりにこんな素敵なケーキが登場したんです。皆が歌ってくれた26回目のハッピーバースデーは忘れません。

あれからあっという間に小屋入りで、本日千秋楽です。
せつないです。
でも、有終の美を飾れるよう頑張ります。てか、はじけます。
色々な感情が入り混じりつつ、いってきます
[2010/09/06 10:07] | 演者 | トラックバック(0) | コメント(0)
プロフィール

関亜弓

Author:関亜弓
ブログ移行のお知らせ

お手数ですが
新しいブログのURL

http://ameblo.jp/sekiayumi828/

へのブックマークの変更をお願いします。


○出演情報詳細は関亜弓公式サイトをご参照ください

○所属事務所:バウンドプロモーション

・出演情報
クロワゼ(雑誌)
ワコール CW-X(広告)

(執筆)
【電子書籍】publamより「市川染五郎の妄想歌舞伎デイズ」」App storeにて発売中
上記サイト内で染五郎さん直筆メッセージ・CGクリエイターの秋元きつねさんの歌舞伎アニメ動画をチラ見できます!

染五郎さん公式ブログ
歌舞伎美人ニュースページ
にも掲載!

ダウンロードはこちらのページより!

【雑誌】小学館 Cheese! 歌舞伎漫画「ぴんとこな」コラムページ「ぴんとこなナビ」連載中

【舞台】
(new!)【京都×横浜プロジェクト2011 『夏祭浪花鑑』出演決定】

●京都公演
日程|2011年12月8日(木)~11日(日)@アトリエ劇研
●横浜公演
日程|2010年12月16日(金)~19日(月)@STスポット

演出|白神ももこ[モモンガ・コンプレックス]
監修・補綴|木ノ下裕一  美術|杉原邦生


出演|楠 海緒/重岡 漠(青年団)/関 亜弓/殿井 歩/富松 悠/松尾 恵美/連 木綿子



「友情~秋桜のバラード~」
看護士 佐々木万里役 出演
※大盛況のうちに閉幕いたしました。
ご来場ありがとうございました。

【出演】
内海光司/星奈優里/手塚学/名和利志子/小野剛民/関亜弓/高樹京士郎/藤井美加子/大門正明(三越)/山崎バニラ(渋谷)/他

【CM】ハウス食品:ウコンの力
からだ巡り茶(webCM)

【公式携帯サイト】Ballet-Mobile(バレエモバイル)編集長
【web連載】「ちゃぶーん!」たべものニュース執筆
(ジュニア野菜ソムリエとして)

Ballet-Mobile QRコード

公式サイトとして唯一のバレエ専門携帯サイト。 踊れる編集長として、公演情報・バレエコラム・インタビュー動画を随時更新中。

QR

※携帯からのみ閲覧いただけます

最新記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

カテゴリ

読書メーター

自滅の最近読んだ本

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

読書メーター

自滅の今読んでる本

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。