スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
さようなら2010
今年もありがとうございました。

私にとって、これまでで一番バラエティに富んでいて、
スパイシーで、自分の肩書きを答えるのに困る1年でした。

今年の抱負「自走するエンジン」だったわけですが、
もうエンスト寸前まで暴走した気がします。

CM出演から始まり、翌月には初めて絵のモデルとなった自分と対面しました。
そしてBallet mobile編集長としてや歌舞伎ライターとして、
最前線で活躍する方の生のお話を聞けました。

舞台も
良平さんの「サンドウィッチ」に出させていただいたり
早稲田大で歌舞伎を披露したり
バレエではパ・キータのパドドゥを踊らせて頂いたり
KUNIO「文化祭」では久々に制服に袖を通したり、いろんな出会いがあったり。

そして「三人吉三」でお嬢吉三を務めさせていただくことができました。
今年舞台の最後は「真夏の忠臣蔵」。
感劇市場では主催者側として、直後に出演者として
コンドルズと関われたことは本当に面白かったです。
歌舞伎を伝える側として、トークショーをやらせていただいたり、
染五郎さんとの色々な企画が動き出したり。

あ、そんなこんなでもう年かわるわー
しみじみしてる暇ないみたいなので閉めます。

2010年、いっぱいありがとう。そしてごめんなさい。
2011年、もっといっぱいありがとうといえるよう頑張ります。

大好きなうさぎ年へ突入です。
もう振り返りません。



スポンサーサイト
[2010/12/31 23:50] | | トラックバック(0) | コメント(0)
タクシー飛ばしてよコクリツからAXまで
タイトルは「気になるあの娘」の替え歌です。
日常を歌にのせてみました。
いやほんとそのままなんですが、国立劇場で歌舞伎を観た後、
飛ばしていただいて相対性理論を観てきたのです。

よかった。救われた。
人間が発するエネルギーってすごいや。
あと、




佇まいは言葉を凌駕する。





と思いました。



私が踊ることについて向いてないとか、
とても厳しいことをいう方がいるのですが、あるとき

「関さんは佇まいで表現しなさい」

と言われたことがあって。

そのときは
タタズマイ?居ればいいってこと?
動くなってこと?
私が今までやってきたことってなんだよー
とか傷ついてみたりしました。

が、この日のカテゴリーは違えど、
「いることが攻撃的な生もの」をみて
その言葉を思い出し、ちょっと生きる希望が沸きました。
(自分の思い込みをふんだんに加えましたが)

最近、逃げたいと思うことはいっぱいあったけど
別に私が逃げようともがこうと日常は淡々と続いていくし、
世界は終わらないし、やっぱり
相変わらず震える音楽とか、揺さぶる言葉とか人とかはいるわけで。

始まったばかりの世界の終わりを聴きながら、私はこれからも
無慈悲にバランスをとって歩いていくわけで。



いや別に北の国からきたわけではない




わけで。

[2010/12/14 11:05] | | トラックバック(0) | コメント(0)
学校では教えてくれない歌舞伎
TGT2.jpg
「学校では教えてくれない歌舞伎」
話した人:関 亜弓
主催:Tokyo Golden Talk
協賛:広沢園(ツモリチサトデザイン狭山茶)
IMG_6669.jpg
埼玉県狭山市出身のデザイナー津森千里さんがパッケージデザインをしているお茶です。
埼玉県奨励品種茶葉「さやまかおり」使用。


場所:原宿 EX-LOUNGE
無事に終わりました!

当日はどなたも真剣に聞いてくださり、
本編のあとも熱のこもった歌舞伎トークを
お客様同士でも繰り広げてくださり大変興味深かったです。

この日は短い時間だったということもあり、
とにかく歌舞伎をムズカシイと思っているひとに、
劇場にいってみたいという気持ちにさせる!
を目標にお話をさせていただきました。

途中、実際に白浪五人男の台詞を言ってみたり、
ブラックユーモアをいれてみたり、
大げさで超ざっくりな比較をしてみたり、
まさに学校では教えてくれない歌舞伎講座になったことと思います。。


それからこの日のために場所をご提供くださいました
EX-LOUNGEオーナーの秋さん、
協賛をいただきました広沢園の方々、
改めて御礼申し上げます。

実はこの場所とお茶はこのイベントを象徴するものでございました。

「歌舞伎の講演会」というと、どこかの畏まったホールで、歌舞伎の
歴史や文化的側面をお話しする、というイメージを持たれがち。
私はそれを形から覆したいと思いました。

今回の会場であるEX-LOUNGEは表参道ヒルズのちょうど真裏位に位置し、
内装も明るくキレイで、ちょっとお友達の家に遊びにきたような雰囲気。

そしてツモリさんのお茶も、お願いしたいと思ったのは
二つ理由があって

・「歌舞伎を若い人にも広げよう」というテーマに、
お洒落な若者に人気のツモリチサトブランドはぴったりだということ

・関がお茶どころ出身ということもあり、狭山茶の
よさをwebやイベントを通して広げたいということ


でした。
それを広沢園の方も理解して下さり、快くこの
お茶をご提供してくださったんです!

お客さまも「飲むのがもったいない」という方もいるくらい。
皆さまお家に持って帰られたようで何よりです。

もちろん「味は狭山でとどめさす」といわれる位なので、ペットボトルになっても
すっきり香り高い味わいです!

IMG_7607.jpg
TSUMORIさん印!

それに合わせて、実は服から靴まで全身ツモリさんで
当日は挑んでおりました。
はい、自己満っす。

でもでも、こうして歌舞伎について語ってるのが
高尚な着物の紳士淑女ではなく、↑のような小娘だったら
「あー私でも行けるんじゃね?」という動機づけになると思うのです。

但し人に不快と思われるような、服装やら
振る舞いはもっての外ですけどね。

とにかくこうして歌舞伎のイメージが少しでも
変わっていったらなと思う次第にございます。

色々と劇場ではないところで歌舞伎の話題が騒がれがちな昨今ですが、
歌舞伎はいつでも(忠臣蔵の通さん場意外)どこからでも(花道は超えられません)
入場可となっておりますので、どうぞお入りくださいな。

この企画を持ちかけてくださったTokyo Golden Talkの関係者の方々、
ありがとうございました!


今は、頑張ればいいことがあるというシンプルな言葉を糧に生きています。
[2010/12/04 00:11] | 歌舞伎 | トラックバック(0) | コメント(0)
プロフィール

関亜弓

Author:関亜弓
ブログ移行のお知らせ

お手数ですが
新しいブログのURL

http://ameblo.jp/sekiayumi828/

へのブックマークの変更をお願いします。


○出演情報詳細は関亜弓公式サイトをご参照ください

○所属事務所:バウンドプロモーション

・出演情報
クロワゼ(雑誌)
ワコール CW-X(広告)

(執筆)
【電子書籍】publamより「市川染五郎の妄想歌舞伎デイズ」」App storeにて発売中
上記サイト内で染五郎さん直筆メッセージ・CGクリエイターの秋元きつねさんの歌舞伎アニメ動画をチラ見できます!

染五郎さん公式ブログ
歌舞伎美人ニュースページ
にも掲載!

ダウンロードはこちらのページより!

【雑誌】小学館 Cheese! 歌舞伎漫画「ぴんとこな」コラムページ「ぴんとこなナビ」連載中

【舞台】
(new!)【京都×横浜プロジェクト2011 『夏祭浪花鑑』出演決定】

●京都公演
日程|2011年12月8日(木)~11日(日)@アトリエ劇研
●横浜公演
日程|2010年12月16日(金)~19日(月)@STスポット

演出|白神ももこ[モモンガ・コンプレックス]
監修・補綴|木ノ下裕一  美術|杉原邦生


出演|楠 海緒/重岡 漠(青年団)/関 亜弓/殿井 歩/富松 悠/松尾 恵美/連 木綿子



「友情~秋桜のバラード~」
看護士 佐々木万里役 出演
※大盛況のうちに閉幕いたしました。
ご来場ありがとうございました。

【出演】
内海光司/星奈優里/手塚学/名和利志子/小野剛民/関亜弓/高樹京士郎/藤井美加子/大門正明(三越)/山崎バニラ(渋谷)/他

【CM】ハウス食品:ウコンの力
からだ巡り茶(webCM)

【公式携帯サイト】Ballet-Mobile(バレエモバイル)編集長
【web連載】「ちゃぶーん!」たべものニュース執筆
(ジュニア野菜ソムリエとして)

Ballet-Mobile QRコード

公式サイトとして唯一のバレエ専門携帯サイト。 踊れる編集長として、公演情報・バレエコラム・インタビュー動画を随時更新中。

QR

※携帯からのみ閲覧いただけます

最新記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

カテゴリ

読書メーター

自滅の最近読んだ本

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

読書メーター

自滅の今読んでる本

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。