スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
二次元デビュー
させていただきました
pintokona3.jpg


わーい!

嶋木先生ありがとうございます!
我が人生に悔いなしの心境です。


今月26日に発売のぴんとこな3巻のおまけページに
登場させていただきました。わーい!

これはチーズで連載中の歌舞伎コラムページ「ぴんとこナビ」の
『嶋木先生の歌舞伎体験』のひとコマなのです。

ちょうど三人吉三のお稽古期間だったこともあり、
新蔵さんにお稽古をつけていただいたときで、(参照となる日記
なんだか懐かしく思いだされます。

そしてなんの巡り合わせか、今月の新春浅草歌舞伎も
「三人吉三」だったのでした!しかも通し!(といっても割下水伝吉内の場などは省略されてて、
澤村國矢さんが登場。はしょったところを細かに説明してくださった。國矢さんイケメン。)

亀治郎さんのお坊、愛之助さんの和尚、七之助さんのお嬢。

三人ともに華やかで湧き立つ美しさ。

今回は花道の七三真横の席だったので、役者の声屋雰囲気よりも「身体」が
強く印象に残っている。

七三で決まる、手の届く位置にあった亀治郎さんの足はまるでバレリーナだった。

女性かと見紛うような細さ。なのに力強く、しなやかな筋肉。
普段は女形で着物で覆い隠された亀治郎さんの体型は、どちらかというと剛健でどっしりとした
イメージだったのに、まったく裏切られた。

愛之助さんにも裏切られた。
兄貴分の「和尚」よりもボンボン「お坊」のイメージだったのだが、一転。
ドスのきいた声だけでなく、三人が揃うところでの背中の大きさで
皆をまとめる和尚の安心感がそこにあった。

そして七之助さんのお嬢。

もう、個人的な思い入れなしには見れなくなってしまったこの役。

なんというか、友達をみている気持ち(ご無礼承知で)

同じ衣裳、同じ台詞、同じかんざし。
改めてお嬢吉三を演じられたことは一生に一度どころか、
三生に一度あるかないかの稀有な体験だったことだと実感。

引き込まれたのはそれだけでなく、七之助さんの凛とした美しさがあったから。
男と女の演じ分けも、技巧に走らずに、役の性根を捉えたお嬢は
私の心を捕えて離さなかった。

帰宅して、自分の三人吉三のDVDを見る自分は
なんてチャレンジャーなんだ!と思った。

shinisekikiku.jpg

さて、本物(っていうか偽物)はどれでしょう。
注:3Dメガネをかけてお楽しみください
スポンサーサイト
[2011/01/28 17:19] | 歌舞伎 | トラックバック(0) | コメント(0)
俺に触ると低温火傷するぜ
はい、実際低温火傷したんです。
ふと気づいたら右大腿部の3×10四方が真っ赤になっていました。
湿布の買い置きがないので「休息時間」を貼って治療します。

ってことで熱持ってます。
ライブ2本、歌舞伎2本、芝居2本観劇。
どれも熱かった!細切れにしてお伝えします。

まずは国立劇場にて
初春歌舞伎公演「四天王御江戸鏑」観劇。

お正月らしい、色彩豊かな舞台。
土蜘蛛伝説を中心に据えて、AKBあり、戦場カメラマンあり…

あれ、遠山と被ってる!ま、こっちはヘビーローテーションだったがね。


お囃子で「会いたかった~」って歌いながら、
禿がうさぎの耳つけて、ニーハイはいて踊っちゃったら許すしかない。
それにしても国立劇場すごいな。

最後にお正月ってことで恒例の撒き手ぬぐいがあり、
キャッチしていただきました!わーい!
tenugui_20110126164421.jpg

ちなみにこの柄はひらがなの「こ」に縦4本、横5本で「9」、漢字の「立」で
「国立」と読ませるのですぞ。

ちょうど、今月号のチーズ!のぴんとこナビでは
役者紋について執筆させていただきました。
是非ご覧いただきとう存じます。

最近手ぬぐいやさんで鎌輪ぬ文様(鎌・わっかの絵文字にひらがなでぬという模様)
とか見るようになった気がするので身近な話題かと思いますし。
ってことで今すぐ書店へゴー!

それから一変、カメルーン出身の天才ベーシストの音楽に触れに
BLUENOTEへ。楽しかった!
血が騒ぐようなラテン音楽もよかったけど、哀愁漂う曲にぐっときた。
全然前知識ないのにこんなに楽しめる。音の力。


ブルーノートのきらきらした非日常空間が好き。
ドアマンとか、深い階段とか、開場までのざわめきとか。

そんな空間では会話もきらきらしてないといけないんだろうけど。

この日、私はすごいことを知って、ひたすらこの言葉を繰り返していた



「ペンギンって魚類じゃないの?」



きらきら空間にそぐわないという理由で
つまみだされなくてよかったです。

いや、水族館にいるしさ、泳ぐしさ。





ちなみにペンギンは鳥類みたいです。
[2011/01/26 16:42] | 歌舞伎 | トラックバック(0) | コメント(0)
□→▽→?
楽日翌日から踊る身体に。

まずは地元のバレエ教室の練習会で
踊らせていただく振付をさらう。

なぜ、こんなハードルの高いものをやりたいのかわからないけど、
体温が熱い今だから、やりたいのだ。

4年前は出来なかったけど、今なら目つぶって飛び込んで
しまえるんじゃないかと思った。


で、昨日は現代音楽×ダンスイベントにて本番2ステージ。

初めての即興ダンス。
呼んでいただいたことを大変ありがたく思います。

しかも、すばらしき演奏家&アーティストとのコラボレーション。



ヴァイオリン&ピアノの金さんは映像や美術などと一緒に
音楽を総合的にプロデュースするなどご活躍されている方。
今回のイベントの主催者でもあり、中国をはじめ、
グローバルな活躍をされているのであります。

ピアノの岩崎さんはなんとあのクリムゾンの元メンバーのバンドでオープニングアクトを
された方!「クリムゾンを聴いたときの衝撃は忘れません」と熱弁を奮ったら
私のような年代でクリムゾンだのイエスだの出てくることが嬉しいといってくだすった。

お二人の演奏と、導入で詩の朗読があり、それを引きずるような形で
私の身体が動くというステージでした。

朗読を担当してくださったのは徳富さん。
徳富さんは大学の先生や、俳優もされていたり、
カメラや鉄道に詳しかったりな文化人です。
ひげといつでも冷静沈着なところがチャームポイントです。

そして衣裳の倉岡さんはあの毛利臣男さんと共にお仕事されていた方で、
以前から衣裳の写真などを拝見して超興味深々だったのです。
打ち合わせのときに、初めて衣裳に触れてびっくり、
着てびっくり。

以前、laskaのるみこさんのワンピースに袖を通した時もそうだったのですが、
吸いつく感じ。

見た目のインパクトから想像するより遥かに軽くって、布が
身体についてくる感覚です。


じゃん
106_convert_20110120175729.jpg


多分平面だと布に見えるかもしれないのですが
着るとこうなります

013_convert_20110120175758.jpg


顔しか出てないんですよ。しかも本当の長方形。
これで踊ったんです。ふふ。


進化するとこうなって

015_convert_20110120175848.jpg


更に進化すると、上記左のワンピースでもっと自由になりました。




ひとりじゃできないことが、
いろんなピースが集まって一枚の絵や立体になる感覚。
未知。

一昨日までは空気の読めない大正ア○ドル
昨日はパラノイア
今日は四角に閉じ込められ光を求めながら踊る物体



演じることを肯定できる場があるよろこび

[2011/01/20 18:17] | | トラックバック(0) | コメント(0)
ユウキノスズガリンリン
「それゆけ!遠山一家」無事に閉幕しました。
ご来場いただき、誠にありがとうございました。

私にとって挑戦だったこの舞台。
大変勉強になりました。


前出演作品からまったく違う芝居の構築のされ方に
多少の戸惑いもあったのですが、
ゲネあたりからぶわっと、振り切る方向が見え、
本番はとにかく楽しめた気がします。

共演者の皆さま方も、私に対して徐々に扱いが雑になっていくのが
目に見え、遠山グループに入れていただいた気がしました。ありがたいことでございました。
吉野家さんは心も体の面積も広い方なので、つい余計なことをいってしまいます。
「事務所辞めたらシメてやる!」と何度いわれたことでしょう。
で、この千穐楽こうなりました


103_convert_20110119140414.jpg


あと、私の劇中の決めポーズを真似てくださいました。恐縮です。
toyama061.jpg



あと、デラックス町田役のサスペンダー泰江さんには色々お世話になりました。
たくさん、あだ名のある方でした。
015.jpg

親方

016.jpg
ポストマン

017_convert_20110119141044.jpg

サスペンダー先輩

先輩には色々お世話になりました。ありがとうございました。


ということで、遠山写真館
toyama063.jpg
五十里さんを囲む会的な。
(関のジャージは衣裳ではありません)

イカさんは同じ事務所の白木あゆみちゃんが去年空間エンジンプロデュース公演に
出ていたとき、おばあちゃん役をされてたと、稽古何日か目で気づいたのです。
忍からおばあちゃんまで演じきっていて、女優魂を感じました。

そうそう、そのときかわいすぎる婦人警官を演じていた
あゆみちゃんも二日目に観に来てくました!
楽しんでくれたみたいでよかった!


095_convert_20110119152749.jpg
打ち上げでなぜか女装していた芥川役の雄一さん。
と、動じない吉野家さん。
と、ドン引きの演出家今田さん。

toyama079.jpg
たくさんのお花や差し入れありがとうございました。

o0240032010982284271.jpg
最後に、、千穐楽っぽい写真ですがこれ初日です。
皆さまに感謝します。






楽日に近付くにつれて
「はじめはあんなに大人しかったのに」と言われすぎて
耳にたこができました。

りんりん演じてある種、勇気の鈴がりんりん鳴りまくりました。

それから、二日目の本番終わったとき位につけまつげを一対無くしました。

銀座の路上でまつげを発見したら、遠山一家のことを思い出してください。




[2011/01/19 14:02] | 演者 | トラックバック(0) | コメント(0)
スラムダンクでいうなら。-祝・千秋楽-
今日千穐楽です。遠山一家。

観にきてくれた方々。
私を知る人はかなり驚きを隠せないようで、
私を知らない人はこういうキャラの人だと思うようで、

本望です。

親友「あみこ、新境地開拓だね!!」
恩師「あの方向性でいったらいいんじゃない」

先輩

「いつも、ダンサーであり、

そしてマルチな表現者である彼女を

冗談でアイドルと呼んでいたが、

今回はまさにドンピシャ、アイドル役であった。

しかも、ツンデレのツン強め。

ナイスキャスティング。

ベストマッチング。」

とブログで書いてくだすった。

ちょっとした劇評っぽい響きだけど、
噛みしめて読むと、あれ、これは一体、、見なかったことにします。


沢山のお客様にご来場いただき、昨日も一昨日も補助席が出る
盛況ぶりに感無量です。


いやはや振り返るには早いのですが、
年明けから今日まで、点ではなく面で稽古と本番が入っていたため
隙間時間をいかに有効に使うかがこの期間を生き抜くための
分かれ道でした。



おや、移動までの時間に30分出来た!
前髪だけ切りに美容院へ!

おや、思わぬ1時間を創出!
すかさずケッズヘ電話。はい、25分でもいいので今からお願いします!




そんなこんなで、ヘルシーバデーで楽日を迎えることが出来ました。
それもこれも、五千円をくださった皆様のお影です。
あ、うそです。チケット代は二千五百円です。



お客様を楽しませることができるよう、怪我のないよう、
そして打ち上げで打ちあがらないよう、念じつついって参ります。

不動のセンターより。






ってことは、ゴリか魚住?
[2011/01/17 18:10] | 演者 | トラックバック(0) | コメント(0)
遠山初日あけましておめでとうございます
「それゆけ!遠山一家」初日開けました。
早速ご来場いただいた方ありがとうございました。
昨日は、初日ならではの祭りっぷりがさく裂していて
色々な意味で今夜限りなところがありました。

私も昨夜の反省や反省や反省を今日から月曜日までの
公演に活かしていきたいと思います。

ってなわけで、一世一代の役柄を務めています。
はい、こうなったらやりきります。
突き抜けます。

ここまで徹底的な役作りをしたのは久々でございまして、
いや、これは振り切ったほうがよいと思いました。
そしたら段々楽しくなってきました。

楽屋で鏡の前で稽古していると、傍から見ると
突っ込みたくなる光景かもしれませんが、気にせずやらせていただいております。
どちら側に振り切っているかは、是非会場にてお確かめ下さい。
ヒントは、携帯の絵文字のハートを使うことさえ憚られる私と逆方向ということです。てへ。

昨日は初日打ち上げがあり、私は演出の今田さんと
今回の相手役(?)のサスペンダー親方の隣で
楽しく飲ませていただきました。
サスペンダー親方略して親ペンダー、もっと略して泰江博昭さんは色々謎があります。

なぜ、ご飯はお茶碗一杯しか食さないのにあの体型を維持できるのかとか、
なぜ、この真冬に薄着なのかとか、
なぜ、あんなにオーバーオールが似合うのかとか。

楽日までには解決したいです。



そういえば稽古写真を載せていなかったので、こちらに

我が事務所マネジャさんの差し入れにパクつく悠里さん
yurisan.jpg
B(関出演のほう)のとりまき役で、とりまいてもらってます。
Aでは私と同じくりんりん役で、かなりのツンデレっぷりを発揮されてます。

共演のすみれ役、近藤あい子さんと共に今田さんを囲う会。
syonichi.jpg

あい子さんはかわゆすな京女。ついカメラを向けてしまいます。
今田さんは体操で国体(強化)選手という経歴の持ち主。クールな眼差しに
垣間見えるお茶目さ(すみません)を私は見逃していません。
にきびを隠して写真に写っているところとか、、

口癖は



「それはずいまーだな」





見に来てくれないのはずいまーなので、
是非ご予約をお願いします。

14日(金)21:00
15日(土)15:00/21:00
16日(日)18:30
17日(月)21:00

に出演します。はじけてます。

【チケット予約について】

■ チケットは予約制になっています。メールに以下の内容を記入の上、下記アドレスでお申込み下さい。
・希望日
・希望枚数
・氏名
・住所
・携帯電話番号

チケット予約先 ticket@boundpro.com

チケット料金
2,500円 全席自由 要予約
開場は開演の30分前

■ チケット予約の状況は2日以内にメールにて返信させていただきます。
■ チケット代金は観覧当日に受付で精算させていただきます。
■ 各公演定員となり次第締め切らせて頂きます。劇場の座席数に限りがございますので、
  ご来場の日時がお決まりになりましたら、お早めにお申込み下さい。
※演出の都合上、スモークマシーンを使用する場合がございます。予めご了承下さい。

制作協力 : エアースタジオ
企画・製作 : 劇団空感エンジン
【お問合せ・チケット申し込み先】
株式会社バウンドプロモーション
東京都港区赤坂7-5-34-212
TEL 03-5575-5556
FAX 03-5575-0520
【email】ticket@boundpro.com
【URL】http://www.boundpro.com



[2011/01/14 11:43] | 演者 | トラックバック(0) | コメント(0)
遠山一家稽古日誌
遠山一家の稽古の毎日です。舞台セットの中で稽古をすると、
すごく勉強になる上に、テンションが上がります。
時代設定が大正なので、タイムスリップしたみたいな気分になるセット。
仕掛けもあって、それは見てのお楽しみということで。
今回、殺陣があるといいましたが、これがまたキマるとめっちゃ格好いいのです。
昨年の忠臣蔵では木刀を使う場面はありましたが、今回はまた違う小道具での殺陣です。
私のお役はヒールで闘うので、とりあえず転ばぬよう頑張ります。
ちなみに先日、はりきりすぎた余り、セットに思いっきり体当たりし膝小僧に
素敵なパープルのタトゥーが。
あ、すみません、ただの痣です。

今回は久々に台本と向き合い、役について掘り下げるという作業をしていて、
難しくも楽しくもあります。
共演者の方々とも、もっとお話したいのですが、稽古終わってすぐ次の現場やら
打ち合わせやらへBダッシュすることが多いので明日こそはゆっくり
ランチをご一緒したいと密かに思っております。ぽっ。

あと、コクーンで松たか子さん主演の「十二夜」を観劇しました。終演後の
あの清々しさといったら。新年早々、いいお芝居を見れて順調な滑り出しです。

今回出演させていただく遠山一家も、おもいっきり笑える作品ですぞ。
世知辛い世の中大変なことも沢山あるけど、劇場を出たとき、
明日も頑張ろう思える活力になれれば。

ちなみに遠山役の吉野家さんは芝居中も普段も面白すぎて、皆気づいていないのか、
気づいていてもスルーしているのかわかりませんが、(たぶん後者)
初めてご一緒させていただく私は密かに笑いを押し殺しています。
稽古期間にマスクが必須なのは1、喉の保護2、笑いを抑えるために
大変役立つからです。はい。

そんな遠山一家は13日~17日です。
お早めにどうぞ!
=========================================================
「それゆけ!遠山一家」詳細ページ
http://www.boundpro.com/110113seki.html
■ チケットは予約制になっています。メールに以下の内容を記入の上、
こちらのアドレスへ お申し込みください
・希望日
・希望枚数
・氏名
・住所
・携帯電話番号

=========================================================



[2011/01/09 20:56] | 演者 | トラックバック(0) | コメント(0)
大正アイドル役だけど男前列伝
帰ってこい、私の正月ぼけー



ネームを書いたり仕事メールしたりで
気づいたら三が日とか終わってるし。
ぼける猶予をいただけましたら幸いです。

でも、わかりやすしな仕事はじめは今日でせう。

稽古がはじまりました。

舞台に出演させていただきます。

殺陣あり、ツンあり、デレあり、AKB的なものあり。な役どころです。
時代は大正、職業?は不動のセンターポジションを守るアイドルだそうです。
はい、今「関亜弓には無理」って10回言った人、戻っておいで。
そして劇場においでなすって。
=====================================================
「それゆけ! 遠山一家」
~ヤスの、妹 萌え♪萌え♪極楽(パラダイス)~
2011年1月13日(木)~17日(月)
※ダブルキャストですので、出演時間・詳細はこちらでご確認いただければと思います。

劇場:Air studio
【案内図】
営団地下鉄日比谷線『東銀座』駅
A4、A6出口より徒歩5分
A6出口を出て、晴海通りを有楽町方面へ進む。 木挽町通りを左に入り、直進。
日鐵木挽ビル隣、『雲ビル』地下2階。
中央区銀座7-16-21-B2F
TEL:03-5148-2545
【脚本】吉野家菊之介
【演出】今田尚志
=====================================================
《キャスト》
-A- 五十里直子 長嶺乃里子 東田紗希 平井建 福田悠里 谷田文郎
-B- 井上雄一 幸咲よつば 近藤あい子 庄司敦の 関亜弓 宮本功 泰江博昭

-A/B 共通- 吉野家菊之介

チケット料金
2,500円 全席自由 要予約
開場は開演の30分前

◇チケット予約について◇
■ チケットは予約制になっています。

下記事務所内のアドレスまでお申込み下さい。
チケット予約先 ticket@boundpro.com
・希望日
・希望枚数
・氏名
・住所
・携帯電話番号

■チケット予約の状況は2日以内にメールにて返信させていただきます。
■チケット代金は観覧当日に受付で精算させていただきます。
■各公演定員となり次第締め切らせて頂きます。劇場の座席数に限りがございますので、
ご来場の日時がお決まりになりましたら、お早めにお申込み下さい。
※演出の都合上、スモークマシーンを使用する場合がございます。予めご了承下さい。

制作協力 : エアースタジオ
企画・製作 : 劇団空感エンジン
【お問合せ・チケット申し込み先】
株式会社バウンドプロモーション
東京都港区赤坂7-5-34-212
TEL 03-5575-5556
FAX 03-5575-0520
【email】ticket@boundpro.com
【URL】http://www.boundpro.com

とりあえず、これから本番までは
女子力アップに細心の注意を払います。

といってる側から録りためてた「男前列伝」
観ようと思っている私をどうか見捨てないでください。
[2011/01/05 23:57] | | トラックバック(0) | コメント(0)
堂々とうさぎ
はいっ、あけましたのでおめでとうございます。

今年はなんとまぁ、うさぎ年なのですよ。
毎年、何年であろうと必ず年賀状にうさぎを書いていました。
自分の署名のようなものなので。
で、いつも「うさぎ年じゃねーだしょ」
と突っ込まれましたが、素知らぬ顔をしておりました。
でも、今年はうさぎを書き放題です。
世のデパートやショッピングセンターでもうさぎコーナーが
例年より幅をきかせているようで何よりです。

と、うさぎ談義に関して、今年は干支を理由に
ちょいちょい出てくるのでこのへんにしときます。

元旦といえば…

お正月は実家で過ごすこと。
和装をすること。
地元の神社でお参りすること。

の三原則を守っております。

というわけで、昨日から実家に帰り、家中の隅から隅まで大掃除しました。
で、朝、起きるとお膳立てしてありました。リアルに。
IMG_5932.jpg
母は料理がうまいです。見て楽しい。食べておいしい。
特に行事のときは気合いが違います。

真ん中の最上位部に配置されたのはなんてことない
かまぼこでした。昨日までは。
ただ母の手にかかると「松」に変身してしまうのです。
もはやアート作品です。

なのに姉は「蝶々にしてほしかった」とぼやいていました。
このやりとりで関家の平和な正月の様子が垣間見えるかと思います。

あと、相変わらず行事に忠実な我が家では
カットしてもいいんじゃないかという小道具が出てきます。

お屠蘇→邪気を払い長寿を願ってのむ薬酒。
IMG_8476.jpg
時代劇かっ!と突っ込まれそうですが、
ちゃんと一人ずついただくのです。

こんなところからも、形から入る関家の全貌が見えるかと思います。

で、今年も気合いを入れるため赤い着物で
歩いて行ける距離の神社に出陣。
お参りし、おみくじをひく。

開く。

と、







「半吉」





半吉?必殺仕事人?
なにこれ?内容から察するに「あんまりよくない」ことは
推測できました。

で、いま調べたら12段階になっているおみくじのときに
吉と末吉の間に位置するらしいのです。
…中途半端!
ってかむしろ凶とかのほうが潔いんじゃ、、

とかいいません。半吉さんのお怒りにふれそうなので。





とまぁ、どんな結果だろうと今年はBダッシュしていくと決めたので
いいんです。


うさぎ並に一目散にかけていきますから。

うさぎ並に耳をぴんとたてていろんなもの
キャッチしていきますから。



うさぎ跳びは体に悪いらしいのでしませんから。










[2011/01/01 00:03] | | トラックバック(0) | コメント(0)
プロフィール

関亜弓

Author:関亜弓
ブログ移行のお知らせ

お手数ですが
新しいブログのURL

http://ameblo.jp/sekiayumi828/

へのブックマークの変更をお願いします。


○出演情報詳細は関亜弓公式サイトをご参照ください

○所属事務所:バウンドプロモーション

・出演情報
クロワゼ(雑誌)
ワコール CW-X(広告)

(執筆)
【電子書籍】publamより「市川染五郎の妄想歌舞伎デイズ」」App storeにて発売中
上記サイト内で染五郎さん直筆メッセージ・CGクリエイターの秋元きつねさんの歌舞伎アニメ動画をチラ見できます!

染五郎さん公式ブログ
歌舞伎美人ニュースページ
にも掲載!

ダウンロードはこちらのページより!

【雑誌】小学館 Cheese! 歌舞伎漫画「ぴんとこな」コラムページ「ぴんとこなナビ」連載中

【舞台】
(new!)【京都×横浜プロジェクト2011 『夏祭浪花鑑』出演決定】

●京都公演
日程|2011年12月8日(木)~11日(日)@アトリエ劇研
●横浜公演
日程|2010年12月16日(金)~19日(月)@STスポット

演出|白神ももこ[モモンガ・コンプレックス]
監修・補綴|木ノ下裕一  美術|杉原邦生


出演|楠 海緒/重岡 漠(青年団)/関 亜弓/殿井 歩/富松 悠/松尾 恵美/連 木綿子



「友情~秋桜のバラード~」
看護士 佐々木万里役 出演
※大盛況のうちに閉幕いたしました。
ご来場ありがとうございました。

【出演】
内海光司/星奈優里/手塚学/名和利志子/小野剛民/関亜弓/高樹京士郎/藤井美加子/大門正明(三越)/山崎バニラ(渋谷)/他

【CM】ハウス食品:ウコンの力
からだ巡り茶(webCM)

【公式携帯サイト】Ballet-Mobile(バレエモバイル)編集長
【web連載】「ちゃぶーん!」たべものニュース執筆
(ジュニア野菜ソムリエとして)

Ballet-Mobile QRコード

公式サイトとして唯一のバレエ専門携帯サイト。 踊れる編集長として、公演情報・バレエコラム・インタビュー動画を随時更新中。

QR

※携帯からのみ閲覧いただけます

最新記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

カテゴリ

読書メーター

自滅の最近読んだ本

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

読書メーター

自滅の今読んでる本

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。