スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
模範的帰省
模範的な花見をしたことは以前書きましたが、
ゴールでウィークに模範的な帰省をしました。

あまりにも穏やかな一日だったため、
小学生の日記風に綴ります。





わたしはじっかにかえり、中学生のとき通っていた
塾時代のみんなとあそびました。


まずラウンドワンに行ってすぽっちゃをしました。

はじめはバスケのゲームをしました。
ちわきにくおどりました。
なぜならわたしはこれでもバスケ部員だったからです。

なのに全然しゅーとがはいりませんでした。

悲しかったです。

なので広いコートに移動しリベンジをはかりました。

ふりスロー大会で、じゃっかんおめいをばん回しました。

うれしかったです。

さて他にもいろいろなすぽーつをしたけどかつあいします。

なぜならあまりよい結果がのこせなかったからです。

そして、すぽっちゃで汗を流したあとは
ウォーリーを探せをしんけんにやったり、
いざかやでのんだり、とっても
はーとうぉーみんぐな休日になりました。

おしまい
スポンサーサイト
[2011/04/30 11:59] | | トラックバック(0) | コメント(0)
結果的に母娘二人旅
私が地方にオーディションを受けに行くといっったら
「ママも行くー」という一言で、出発まで
一週間切っているにも関わらず母と二人旅になりました。
ほんと、関家で生き抜いて行くためにはノリが大事です。

結論からいうと、超楽しかったです。
普段めったにいかない観光地も東西くまなく
いけたし、母のおかげで滞在地もろもろ全体的にランクアップしていただけたし。
ちなみにホテルでの朝食「その場でつくってくれるオムレツ」は
絶品でした。
写真2

二日とも「やわらかめで」と頼みました(あ、歯は丈夫です)


そして母のつぶやきを拾うことの面白さ
一部を紹介すると

バスの中で

「修学旅行生うざい」

いや、そういう土地だから。

私の顔をじっとみて

「化粧のノリわるいね」

いや、寝起きだし。

ビールを飲みながら

「あみもママも大人になったね」

今さらかいっ。

とにかく飽きない旅路でした。

また母と二人旅したいなあ。

その度に格言集できそうだけど。
[2011/04/22 10:14] | 演者 | トラックバック(0) | コメント(0)
「市川染五郎の妄想歌舞伎デイズ」5月12日発売決定
お知らせですが、
震災の影響などで発売を延期をさせていただきました



「市川染五郎の妄想歌舞伎デイズ」

5月12日(木)発売決定!!!!




わーい!





ほんと、多くの方々にこの革新的な歌舞伎アプリを
手にとっていただきたいと切に願っております。


もう一度いいます。


5月12日発売です。



覚えられない!という人のために標語をつくりました。





標語①

「染五郎さん 恋に(512)落ちちゃう 妄想歌舞伎アプリ」




(読み人からのコメント:あまりの染五郎さんワールドの奥深さに
誰もがフォーリンラブ高麗屋さんしちゃうこと間違いなしです)





標語②

「512(故意に)ダウンロードしよう 妄想歌舞伎アプリ」





(読み人からのコメント:自分のだけでなく、
お友達のiPhone/iPadでも偶然を装いつつ
故意にダウンロードしてみるといいことあると思うよ)






標語③

「強引に(512)ダウンロードしよう 妄想歌舞伎アプリ」







(読み人からのコメント:シチュエーション的には②と同じです)






さ、覚えましたか?

私は覚えました。

注意すべきはこちらはiPhone/iPad専用アプリなので、
今のうちに機種変しておきましょう。
(これは③の読み人の気持ちと重なるところがありますね)

歌舞伎通の人はこう覚えてください。



(妄想歌舞伎アプリ、とうとう発売だって?)







こいつ(512)は春から縁起がいいわぇ~






(高麗屋!)









[2011/04/20 16:12] | 歌舞伎 | トラックバック(0) | コメント(0)
能動的で孤独で探検的な花見
能動的な花見の話。
しかも単独行動な話。

桜スポットに住まうものの
特権を行使しようと思いたち

なにかのときにおろそうと思っていた、いただいたカメラを片手に町へ
繰り出しました。

カメラとは、

その名もブラックレイン


そうです。
私の一番好きな映画のタイトルと同じなんです。

で、このこがすごいのです!
簡単にいうとデジタルトイカメラなんですが。
ファインダーからのぞいた景色と違うものがあらわれてくるから、
もうひたすら感覚的にシャッターを切りまくる。
しかもmicroSD対応だから
枚数気にならないし。
iPhoneのカメラに満足できなくなったあなた。
デジイチを持ち歩くパワー(腕力)が
ないあなた。

超おすすめです。

ついでに旧朝倉邸に寄ってみました。
いまは渋谷区の所有になってるけど庭園も和室も残ってて、
当時の生活が目に浮かび面白いです。

受付のおじさんに
「はじめてじゃないですよね」
といわれ、

「いえはじめてなんですけど」
と答える。
なぜそう思うのかの理由はきかなかったけど。

てか、そもそもここってリピーターいるの?


まさかとは思ったけど、
そんな人のために・・・





年パスあったー!!!
(しかも500円)
[2011/04/14 17:35] | | トラックバック(0) | コメント(0)
能動的な花見 副次的な花見
葉桜になってしまいましたが、今年は能動的な花見をたくさんしました。

たとえば砧公園。

手料理を作ってきてくださった方や
バトミントン持ってきてくださった方や、
写真
我が尊敬する先輩ゆりっぺは予約をしてトトロの
シュークリームを持ってきてくれました!
しかもハヤオ公認。
http://www.shiro-hige.com/

あたりめと笛ガムを買っていった自分を
どれだけ責めても責めきれない。

そんな春もあるさ。

で、お花見自体はほとんど初対面にも関わらず、素敵な人たちが集まって
自由ながらいろんな話に花が咲き。
寒くなってお店に移動してまで宴は続きました。



意識を高くもっていれば、どんな逆風であろうと荒波であろうと
乗っかっていけるんじゃないかという予感が。




あと、副次的な花見といえば期日前投票にいった際の桜もきれいでした。
なんとなく正式な場ということで、シャツをきてちっちゃいバッグを
持ってなんちゃってテーマ「なんちゃってOL」で。



革ジャンはおった時点で全て台無しなんですが。
[2011/04/13 15:53] | | トラックバック(0) | コメント(0)
成駒屋型、松嶋屋型、G習院型
封印切は学生時代にに務めさせていただいた大事な演目。
(師匠も私のことを未だに梅川さんと呼ぶくらい)

今回の

亀屋忠兵衛  藤十郎
傾城梅川  扇雀
井筒屋おえん  秀太郎

って、私たちがお手本ビデオその一にしていたあの奇跡の配役でござんす。

配役を見てわかるように、成駒屋型でしたよ。
型って、普段はそんなに気にしないけど

封印切に関してはわかりやすく違いがある。

成駒屋型のほうは、封印を切るのはアクシデント。
松嶋屋型のほうは、自ら決意して封印を切る。

成駒屋型のほうは、先に梅川が引っ込み、そのあと忠兵衛が引っ込む
松嶋屋型のほうは、花道の引っ込みは忠兵衛と梅川のふたり一緒


稽古期間も長かったし、色んな配役で
一番見ている芝居だ。

最近意地悪系のお役が多かったから、扇雀さんの梅川に
感情移入できるかしらと思ってしまったのだけど、さすが
何十回とやってきていらっしゃるだけあって素晴らしかった。

梅川はすぐ泣くし、優柔不断の忠さんに振り回されるし、
八右衛門にもいろいろ言われるけど
自分で意見できなくってまた泣いちゃうし、いわゆるザ・女の子。
だけどそれだけじゃないと思う。
忠兵衛に一緒に死んでくれっていわれたとき

「わしゃ礼いうて死にますわいな」

っていえる覚悟がある。
(今の時代にはソグワナイ言葉だけどね)
だから引っ込みに関しては、二人で一緒に行くパターンのほうが
絆があっていいのにと思っていたけど、梅川の
キャラクターを深堀りしていくと
最後の花道を一人で決心して歩く成駒屋型に共感するようになった。

「嬉しいやら哀しいやら、夢のようでござんすわいなぁ」

って、心中するっきゃない状況下でいえる
梅川は女の真の強さを感じるし。

自分にとってもすごい大事な科白でした。

ちなみに処々の理由で松嶋屋型と成駒屋型をミックスした
「学習院型」という舞台を後世に残したことは
リアル型破りだったなと今、思い出されます。

追記
個人的に、BUMP OF CHIKINの「everlasting lie」という曲は
勝手に封印切のテーマ曲でした。
「愛する人の 命に値がついた」とかすごい封印切の
世界っぽいんですよ。要ちぇけらー
[2011/04/11 16:38] | 歌舞伎 | トラックバック(0) | コメント(0)
新橋演舞場 四月大歌舞伎 昼の部
四月ですよ。今月は藤十郎丈の封印切があるってんで昼の部に行きました。
先月の客入りが寂しい感じだったことからいろいろ心配したのですが、
お客様も劇場に戻ってきたようで、ひとまず安心。
先月は観劇記をお休みしたので気合いれていきまする。

一、お江戸みやげ(おえどみやげ)

これが面白いのなんのって。幕開きそうそうテンションあがりました。

まずは芯である三津五郎丈のお辻、翫雀丈のおゆう。
普段は女形をやらない方々&珍しい顔合わせだったけど、
いわゆるおばちゃんてこういう感じだよね~みたいな二人ですごいしっくり
きたのでありんす。

そして錦之助丈の女形役、



いいわぁ~(おばちゃん調)




やっぱこういう王子ポジションがしっくりくるのですよね。はい。
そして横顔が隼人くんそっくり。いや、隼人くんがパパに似てきたのか。うつくしや。

そしてそして、右之助師匠のお長の安心・安定感。舞台が締まります。
前3列目から熱視線送りまくり。(焦がす直前でとめておきました)

巳之助さんも、最近は舞台が楽しくてたまらないという感じが伝わってきてこちらまで
嬉しくなったり。

あとすごい印象的だったのが、お辻とおゆうが昼からお茶屋でお酒を飲むシーンがあるのですが、
翫雀さんの袂がひっかってお銚子が倒れてしまったんですね。
そのとき思い出したのは
「真の役者はお銚子にどのくらいお酒が入っているかの感覚を心得ている」的なことを
小山観翁大先輩がおっしゃっていたのを思い出して、じーっと見ていたんです。

そしたらちゃんとこぼした分だけ差し引いた注ぎ方をしていて、(たようにみえて)
またテンションあがってしまいました!
私がそういう目でみていたから、そう見えたのかもしれないんだけど。

歌舞伎ってほんと、リアルと嘘のバランスが「にくいねっコノ!」と思います。

二、一條大蔵譚

一條大蔵長成  菊五郎
常盤御前    時蔵
八剣勘解由   團蔵
鳴瀬      家橘
お京      菊之助
吉岡鬼次郎   團十郎

はい、で次の大蔵譚は、お弁当の後だったので多くを語れないのですが
(つまり、そういうことです…)
五月を待たずして團菊の舞台を見れておめでたい気分。

さて、次の演目は涙なみだの封印切ですよ。
長くなるから次回へ!

(おまけ)今月の演劇界の付録は羽左衛門丈のブロマイドと
生声がついてたYO!
0409_20110409115839.jpg
[2011/04/07 12:01] | 歌舞伎 | トラックバック(0) | コメント(0)
ピー
実家に帰るとネタに事欠かかないN子(母)さんのことばかりになるんですが、書きます。


1、素敵な家具が家に届いてうきうきする母が一言

「ママの思い通りの部屋になってうれピー」

ちょっと記憶から薄れてきたからって、それにのりぴーさんと同じ名前だからって、それはないでしょうと我が母ながら突っ込ませていただきました。
更に、昨年マネージャーさんにいただいたドライフラワーをその家具に可愛く飾れたことに満足感を覚えた母。あまりにも嬉しそうなのでマネ様に写メで報告しました。


2、娘に料理を教える母

私の切り方をみかねて実際にやってみせてくれました。
そして一言



「乱切りはランダムの
ランだからねっ」



いや、違うと思う。

3、私のファッションに必ずコメントくれる(ケチをつける)母。
私の統計によると、ブランドによって好き嫌いがあるよう。
これまでの結果

FRAPBOIS→×(なんでスタイルが悪くみえるデザインのものを着るのかママには
理解できない。とのコメント)
ZUCCA→△(Tシャツは柄による、スカートは変形デザインものはダメ)
BURBERRY→○(ほめられる)
Vivienne Westwood、ヒス→○(意外と許容)
ユニクロ→△(あまりにもやる気のない色使いだと怒られる)


そんな娘のファッションチェックに事欠かないのですが、自身は時々「これしまむらで買ったの~」と自慢してくるチャーミングな母です。
[2011/04/06 20:09] | | トラックバック(0) | コメント(0)
狩り
先日、狩りに行って参りました。


どれだけハントできるかを競いまして、私は大差をつけて勝利しました。

もちろん、収穫したものはすべて自分で食すということで、私は60個の
それを胃にいれました。

直後はまったく健康上に異常はなかったのですが、5時間ほどして激しい
腹痛に苛まれ、そのまま夜になりました。
とても普通の食事ができないと思い、Google先生の検索窓に「お腹にやさしい食事 恵比寿」と
検索してししまったほどでした。(結局うどんを食べにいきました)

皆さん、狩りに出かけるのはいいですが、自然との共存、また自分の胃の拡張スペースを
考えて楽しみましょう。


ちなみに私が狩ったのはいちごです。
[2011/04/03 21:27] | | トラックバック(0) | コメント(0)
再 開
震災以降、いつブログを再開させるか迷っていました。

続く余震と不安を煽る原発の情報が錯綜し、一時期家から出るのが
怖くなりました。


でもそのおかげで今までなかなかできなかった
ゆっくりDVDをみたり、本を読んだり、料理をしたり、考えたりと
自分と向き合う時間をつくることができ、逆に、
大切なものにも気づけた気がします。

予定していたアートイベントの第一歩も中止となりましたが、
このイベントのリーダー的存在の渡邉さんによる
バレリーナ作品は海を渡ってくれたようです。

染五郎さんの歌舞伎アプリも発売を延期させていただきましたが、
近いうちに必ず皆様にお届けします。
(震災直後、休演を挟んでの千秋楽までご立派に舞台に立たれた
染五郎さんをはじめとする役者の方々の演技はすばらしかったです)

それから、「ぴんとこな」の取材でまたしても
未来を担う、きらきらした若手歌舞伎俳優さんを
インタビューさせていただきました。
あの眼差しを誌面にてお伝えできるのが今から楽しみです。


周囲の状況を受け止めながら、自分にできることをやっていきたいと思います。


遠慮がちだった桜も咲き始めました。





新しい季節の始まりです。




と、「そば屋のかけそば」風に書かせていただきましたが、
また明日から、「そば屋のカレー」モードでつづらせていただくので
よろしくお願いしまっす。





[2011/04/01 19:26] | | トラックバック(0) | コメント(0)
プロフィール

Author:関亜弓
ブログ移行のお知らせ

お手数ですが
新しいブログのURL

http://ameblo.jp/sekiayumi828/

へのブックマークの変更をお願いします。


○出演情報詳細は関亜弓公式サイトをご参照ください

○所属事務所:バウンドプロモーション

・出演情報
クロワゼ(雑誌)
ワコール CW-X(広告)

(執筆)
【電子書籍】publamより「市川染五郎の妄想歌舞伎デイズ」」App storeにて発売中
上記サイト内で染五郎さん直筆メッセージ・CGクリエイターの秋元きつねさんの歌舞伎アニメ動画をチラ見できます!

染五郎さん公式ブログ
歌舞伎美人ニュースページ
にも掲載!

ダウンロードはこちらのページより!

【雑誌】小学館 Cheese! 歌舞伎漫画「ぴんとこな」コラムページ「ぴんとこなナビ」連載中

【舞台】
(new!)【京都×横浜プロジェクト2011 『夏祭浪花鑑』出演決定】

●京都公演
日程|2011年12月8日(木)~11日(日)@アトリエ劇研
●横浜公演
日程|2010年12月16日(金)~19日(月)@STスポット

演出|白神ももこ[モモンガ・コンプレックス]
監修・補綴|木ノ下裕一  美術|杉原邦生


出演|楠 海緒/重岡 漠(青年団)/関 亜弓/殿井 歩/富松 悠/松尾 恵美/連 木綿子



「友情~秋桜のバラード~」
看護士 佐々木万里役 出演
※大盛況のうちに閉幕いたしました。
ご来場ありがとうございました。

【出演】
内海光司/星奈優里/手塚学/名和利志子/小野剛民/関亜弓/高樹京士郎/藤井美加子/大門正明(三越)/山崎バニラ(渋谷)/他

【CM】ハウス食品:ウコンの力
からだ巡り茶(webCM)

【公式携帯サイト】Ballet-Mobile(バレエモバイル)編集長
【web連載】「ちゃぶーん!」たべものニュース執筆
(ジュニア野菜ソムリエとして)

Ballet-Mobile QRコード

公式サイトとして唯一のバレエ専門携帯サイト。 踊れる編集長として、公演情報・バレエコラム・インタビュー動画を随時更新中。

QR

※携帯からのみ閲覧いただけます

最新記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

カテゴリ

読書メーター

自滅の最近読んだ本

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

読書メーター

自滅の今読んでる本

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。