スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
心地よいカオス
金大偉さんの主催するイベント
Spirits and Dreams Contemporary Music Live and Party2011
にダンスのゲストとして呼んでいただきました。

衣裳と詩の倉岡さん、朗読の徳富さんとの共同作業は
2回目ということもあり感覚がつかめたような気がします。
パズルだとしたらお二人に「枠」をつくってもらって、そこに自分の破片を詰めていく感じ。
でも前回と違ってソロではなくてデュオなので、用意していただいた枠に
自分と相手の破片を確かめつつはめていくという作業でした。

今回の「枠」は具体的にいうと、テーマが「男・女・都市」で
ひどく自由を奪われた衣裳とことばの中で踊るということ。

リハーサル期間も短く音と合わせられるのはゲネのときだったので、
踊りのほうも4分の1、、いや8分の1くらいを予めはめこんでおいて、あとは本番で。
ユニゾンつくったり、コンタクトを無意識にやったりと、なんというか
身体のブレストをしておいたおかげでなんとなく方向性がつかめ、
本番は枠の中で自由に楽しくやらせていただきました。

観にきてくださった方すべての人に感想を聞いたわけではないけれど、
面白かったという声を聞いてほっとしました。




踊るということは自分の中で簡潔も出来る。
でも自己完結な踊りはエクササイズかもしれないし、発表会ともいえるかもしれない。
自分という素材をそのまま提供するのではなく、
(それが魅力なダンサーもいるかもしれないけど)
パッケージを変えてみたり、何かとセットにしてみたり、
ミキサーにかけてみたり。そうやっていろんな実験をして
お客様がみたいと渇望する身体をつくらなくてはいけない。

自分をさらけ出すことは怖いし勘違いだけど、身体をコントロールできて
音と会場の空気を肌で感じながら動くことが出来れば、
それは独りよがりでない「求められた」踊りになるのだと思う。

いやはや、言語化することこそ野暮ですが。


終演後、観に来てくださった牧阿佐美バレエ団の坂梨仁美さんと
相方を務めてくださった大園君と話したとき、
「クラシックバレエの人は身体を労りすぎるし、
コンテの人は身体を労らなさすぎるよね(笑)」といっていて、
確かに~と盛り上がりました。
(ちなみにバレエの「労る」とは、怪我しないために型を守ることと、
ストイックに稽古するということです)

でも
時にケアしすぎたり、無意識に壊れてきた身体や
チャイコフスキーで鍛えられた耳も、ライヒに反応する身体も
ごちゃまぜにして作品に昇華したら楽しいだろうなぁ。と妄想した。

心地よいカオスを目指し、これからもっと体も耳も頭も
訓練していこうと思えたステージでした。

CIMG1817.jpgCIMG1786.jpg



CIMG1792.jpgCIMG1830.jpg
CIMG1798.jpg








スポンサーサイト
[2011/06/30 23:07] | | トラックバック(0) | コメント(0)
ロード オブ ザ 囲碁ガール
幼少期、祖父が碁石の入れ物に手を入れて
じゃらじゃらならしながら、碁盤を見て難しそうな顔を
していた記憶がある。

少し大きくなり、姉と児童館でオセロと
間違えて囲碁セットを借りてしまい、スタッフの人に
勘違いでしたといえずに、なに食わぬ顔で時間を
置いて返しにいった覚えもある。(多分ドヤ顔で)

それから時が経ち、「茶の味」や「たみおのしあわせ」などの邦画に囲碁が登場する度に私の囲碁に対する淡い想いが芽生え始めていたのであった。

ただ、オセロと間違うわ、囲碁ってはぶさんがすごいんだっけとか
戯言抜かしている私にはとても入門できる世界ではないと思っていまたのであります。

ところが

私の前に一人の囲碁の女神が光臨したのです

それが


よしこ先生


きゃー。はなぢぶー。
そうなんです。例のホリエモンと
七人の女たちで共演させていただいた美人棋士の
稲葉禄子さんです。

そんなよしこ先生の待つダイヤモンド囲碁サロンへ行ってきました!

ドアを開けるとそこはおされカフェバーのよう!
囲碁ってこんなに
スイート&クール&フレッシュネスな
環境なのね!お酒やおかし食べながらの
気楽な雰囲気。それは囲碁ガールも増えるさね。

で、てほどきを先生やスタッフの方にならいまして
実際に打ってみることに。

囲碁は黒と白が互いに陣地を広げあって、
囲った陣地の大きい方が勝ちというルール(たしか)。
ということで、私はとにかく陣地広げねばと
牛馬の如く猪突猛進することしか
頭になく。守ることの大事さを教えてもらいました。


レッスン前に食事をご一緒させていただいた際、先生は
「亜弓ちゃんは絶対はまると思う」
と予言されていましたが、的中です。

その理由が

「変態オーラが出ていたから」

とのことでした。



やっぱり控え室でよしこ先生に「囲碁教えてあげるよ」といってもらったとき、もう願ったりかなったりで
「いや、もうほんと、あの社交辞令じゃなく囲碁、、、
やりたいんです!」

と、なんか晴子さんに「バスケは好きですか?」と聞かれたときの
桜木花道的シチュエーションでしたが
必死に想いの丈を伝えたのがいけなかったのかもしれません。

平常心を保つ訓練も同時に行いたいと思います。


[2011/06/30 21:19] | | トラックバック(0) | コメント(0)
歌舞伎鑑賞教室withバニラさんその2
というわけで、バニラさんと終演後にパチリ!
国立劇場さまありがとうございました!
(壱太郎さんの舞台機構の撮影のときもお世話になり、学習院の公演では広告提供を
毎年ありがとうございます!)
CIMG1762_convert_20110702002443.jpg
勇壮な獅子の前で、すてき夏着物なバニラさんと白黒写真でも変わらないであろう服装な関亜弓

バニラさんも、「今まで見てきた歌舞伎の中でいちばんわかりやすかったし面白かった!」
とのお言葉。いぇい!

それに、最初に説明をして本編というスタイルが、活弁ライブの
参考にもなったと、また新しい視点も。なるほど。

さて、そんなうきうき気分のまま近くのカフェでおやつタイム♪

金髪のかつらなしのバニラさん。可愛い!
宮城県白石市で作られる「白石和紙」の印鑑ケースを
お土産にいただきました!
(バニラさんは宮城県白石市生まれで、東日本大震災の被災地支援活動も
されています)
紙とは思えない強度あるつくりにびっくり。紙衣にも使われたらしいということは、
郭文章の伊左衛門の衣裳にもおすすめってことですね~
しかも朱肉がシルバーのストラップみたいになっててかっこいいのです。

こけし好きの私にはたまらない包装紙も。


顔合わせから二回目のご対面にも関わらず、
へっぽこな私にも関わらず、たくさんお話させていただきました。

そんなこんなで「友情」稽古が楽しみです。
バニラさんは渋谷公演の出演です。
こちらもチケット絶賛発売中ですのでよろしくです。

夏が来る!
いや、来てる!
いや、きまくってる!
[2011/06/30 17:25] | 歌舞伎 | トラックバック(0) | コメント(0)
歌舞伎鑑賞教室withバニラさんその1
6月が終わってしまいました。
で、歌舞伎鑑賞教室の事を書きますがね、6月のです。
7月もあるのでこれから行く方はこちらをご参照ください。


ということで鑑賞教室とは、、
国立劇場が主催するはじめて歌舞伎を見る人のために、
わかりやすい解説を一幕やった後に本編を上演するという企画。

今回は8月の舞台で共演させていただく
山崎バニラさんとご一緒してきました!

着物で行きましょうとお約束していたにも関わらず、
私のスケジュールミスで実家から着物を持ってこれず
洋服で、、次回は必ず着物で行きます(泣)

と、そんな感じでいざ国立劇場ばびゅーん。

今月の歌舞伎鑑賞教室は中村壱太郎さんがナビゲーターなのです。
そうです。今月のぴんとこナビに登場してくれた
噂の慶応ボーイでございますよ。

特に奇をてらったこともせず、お客さん(高校生二人)を壇上に
あげて対話をしながら舞台を説明してくれるという
シンプルながら丁寧な解説。
実際に演じているオンのときと、
演じていないオフの顔を両方みせることで、
「歌舞伎の人もおれらと一緒じゃーん」みたいな
感覚になったのかもしれません。
(終演後、偶然中村隼人君にお会いしたときは
舞台上のオフの顔から更にオフの顔でした笑)

高校生の素直な反応も面白かったです。
イケメン隼人君が出てくると女子がざわっとなったり、
その隼人君が「17歳です」というとどよめき、
巳之助さんの隈どりに本気で恐れおののき、
イラストの義経が出てきて「かわいい~」と声をそろえる。
舞台にあがった若者も壱太郎さんの無茶ぶりに対して
「ガチで??」と答える。
そんなノリでいいと思うんです。

その後の四の切も面白かった。
前提がわかってるから、学生さんも集中しやすかったのでは。

それにしても壱太郎さんは天性の女形だなと改めて思ふ。
声も通るし、輪郭もいいし、品がいいし。

インタビューでも思ったのは頭がよくて、
固い意志を持っている役者さんだということ。
お話を伺っているとき、あのまっすぐな目に
私は溶けてしまいそうでしたよ。
そんな刺激的(当社比)なインタビューを読むには
チーズ!最新号を本屋さんでお求めくださいませね。

相変わらず長い文章になってしまいました。
その②へ続きます!
[2011/06/29 12:12] | 歌舞伎 | トラックバック(0) | コメント(0)
初めての喫煙(江戸っ子ver)
というわけで、にゃんまげと写真も撮れたから
私のミッションはものの7分弱でコンプリート。

でもここで帰るのももったいなし、
ついでに(うそ)江戸村を散策。

やや、江戸村、なかなか侮れないですよ。

花魁道中の再現とか、ちゃんと高下駄で外八文字で
歩いていらっしゃったし、忍者屋敷のショーとかも
コンテンポラリーダンスみたいで面白かったし。

あと至るところにそびえたつ茶店のクオリティがやたら高い。
ビールも日本酒もテーマパーク価格だけど売ってるし、
焼き鳥とか団子とかその場で焼いてくれるし。

でもね、いくら江戸だからって片仮名使わなければ
いいってもんじゃない
mikan.jpg
みかん汁て、、、「おれんぢじゅーす」でいいじゃん。

あとおみやげは、東京タワーや浅草で売るような
いわゆるニッポン的なものが多い中、
見つけたのが、、、、


キセル!


キセルといってもタダ乗りのことではなく、
たばこの煙管です。

私は時代物でもたばこを吸うお役はしたことがないので、
実際に吸ったことはなく。
もちろん現代のタバコも吸ったことがないので
ドキドキわくわく。まるで中学生男子が裏庭でこっそり初めて
煙草を吸うときのような。



お店のおばちゃんや、南京玉すだれのお姉さんに聞きながら
やってみました。

これが煙管用で(ちゃんとJTから発売されている)刻み煙草である。
300円くらいだったかしらん。
tabaco.jpg


これを一つまみとり、丸めて煙管の口に入れ火をつける。
このとき吸いながら火をつけるんですが、ノット喫煙者の私にとっては
至難の業。



…なんとか煙は出たけど、これっておいしいの??
煙いだけじゃん。

といいつつ、灰を捨てる時のカンカンカンていうのは
それっぽかったです。
歌舞伎では火鉢でやるあれです。


とりあえず形だけ。
kiseru.jpg
「先輩やってらんないっすよー」

初めての喫煙が煙管なのもどうかと思いますが。
とりあえず経験値アップしました。
でも二度と吸いません。

そんなこんなで、江戸村体験も無事に終了し、
帰りににゃんまげともう一回写真を撮りました。

手裏剣場のお姉さんに「にゃんまげの鈴を触るといいよ」
というアドバイスをもらったので、やってみました。
suzunyanmage.jpg
自分でもびっくりするくらいうれしそう


なんかくれるのかなーと思ったけど、
特になにもなし。

そんなものかと途方にくれ、
にゃんまげなんて所詮中の人に操作されている
からくり人形(しかもぬいぐるみ)でしかないんだ!
とちょっとした反抗心をいただいていたら

翌日の朝、猫にひっかれたような傷が腕に!!
nyanmage4.jpg
証拠写真

まじびびった!

にゃんまげの呪いか(チャックを撮影した件か鈴を触った件)
喫煙したからか。。

恐るべしワンダーランド。

長くなりましたが何がいいたいかというと




一度入村することをおすすめします。




[2011/06/27 16:02] | | トラックバック(0) | コメント(0)
憧れと現実
梅雨ですね。もうすぐ7月ですね。夏休みですね。

ご予定は立てられましたか。

お忙しいお父さんも、お子様をどこかに連れて行ってあげてくださいね。

誰に向けていってるんだろうかわかりませんが、
とりあえず。

ねずみの国にいかなくても
キャラクターと写真がとれて

USJにいかなくても
スリリングなショーがみれて


京都にいかなくても
日本の歴史に触れられる

そんな素敵スポットを紹介します。


そのなも・・・・



「EDO WONDERLAND」



??






つまり・・・・

日光江戸村


超おすすめです。ほんと。


まず、ひこにゃんもミッキーもたじろくあのこがいます。
もう江戸村に行く理由の80%が彼に会いに行くことだったりします。

そう

にゃんまげだよ!

アートディレクターはLISMOのデザインとかでも有名な佐野 研二郎さんだよ!


ってな訳で
入場券を買ってまずしたことは

「にゃんまげはどこにいますか?
(ねずみの国みたいに)一人しか登場しちゃいけないルールですか?
(中の人)休憩中とかじゃないですよね?」

とコスプ、、、いえ、お侍さんに質問を浴びせました。

どうやら村の中心部?にいるらしく、
走っていったらいた!

結構(いや、かなり)暇そう!


私は

「にゃんまげににゃんまげに
にゃんまげににゃんまげに
飛ーびーつーこーう(きてちょんまげ)」

の歌に則って飛びつきはせずとも、飛び込みました。


うっとり!



写真もとってもらったよ!
nyanmage.jpg
この笑顔!今年一番のかもしれません!
だって超うれしかったんだもの。

このポーズをした後
「なんで泣いてるの?」って聞いたら困ってた!

よく考えたら猫のポーズしてたんだった!
ごめん!


憧れのにゃんまげ様に接見し、満足。

でもこっそり背後からも撮ったよ。

nyamage2.jpg

幼い子に

ねーねーこのチャック何ー?

と聞かれたら、なんと答えてあげるのが

江戸ワンダーランド的なんだろう。

盲腸の手術跡とか?
[2011/06/27 14:42] | | トラックバック(0) | コメント(0)
意思が強いのと意地を張るのは別もの
IMG_5906_20110620174624.png


まじ徳森君やばい。

現在公開中の矢沢あい先生の映画の、
原作コミックの一コマです。
これを当時連載していたzipperというファッション誌を
購読していたため、少女漫画にうとい私でも
このときばかりは相当のめりこんでおりました。

で、この一節。

いろんな意味で(徳森君の横顔も含め)突き刺さるコマでした。
まったく思い当たることがあったので。はい。

「意思が強い」「意地を張る」
別物。


自戒。


最近、まさに上記の状態に陥りがちだったときに
お世話になった方と杯を交わしまして。

「最近のお前をみていると悔しい」
という言葉をいただきました。


私より遥かに先輩なのに、「頑張ってるな」とかの労いを
超えた「悔しい」という言葉は私を強くしてくれるものでした。

フィールドは違うけれど、常に攻撃的に突き進む者同士、
また悔しがらせ続けられればと思ふ今日この頃。

とかいうと、また「お前は昔から上からだな!」とかいわれそう。

別にそんなつもりは全然ないのですが。

肉を連想させるアイテムをこっそり机の上に置いたり、
肉まんを食べることを強要して写真を撮ったり。

今考えると申し訳なかったかなと思います。

ただ今の私があるのはその先輩が
私と向き合って、それこそ我が子のように
心配してくれたり応援してくれたりしたからだと思います。
今でも気にしてくれて、わざわざ表参道まで
私が出てたCW-Xのポスターを見に行ってくださったりしたとか
きくと、ホンモノだーと思いました。
(イチローさん見に行ったのかもだけど)

でも一番記憶に残っているのは
私のやらかしたミスを謝罪するためについてきてくれたのに、
先方と喧嘩してその会社を出入り禁止になった事件のことです。




[2011/06/21 12:13] | | トラックバック(0) | コメント(0)
色素うすいーズ
本日、身体が痛い理由はわかります。

昨日、初めての稽古でした。

課題に気づかされまくりな時間でした。




コンタクトで腰を離さないこと




手と肩を床につけることを怖がらないこと



そしてそのことをバレエが身体に染みついているからという
理由にしないこと。

既に残り少ない稽古期間を十二分に使って
本番は皆様にお見せできればと思います。

CCC(コンドルズ振付コンペティション)の初代グランプリ
大園さん(昨日誕生日)と踊ります。

色素が薄い者同士なので、病がちにみられないように
たぶん張り切って踊ります。

ちなみに稽古場でおもむろにタウリン
一袋ずついただきました。

やっぱり滋養を強壮しないといけないのでしょうか。

コンビ名は「色素うすいーズ」か
「虚弱体質撲滅委員会」

どちらかにします(嘘)




下記、告知です

————————————————————————

Spirits and Dreams
Contemporary Music Live and Party2011

サウンドの存在する可能性を繰広げる音楽コラボレーション空間ライブ

2011.6/24(金)~6/25(土)
Open:19:00
Music Live:19:40~ ライブパフォーマンス 20:00~ 音楽ライブ

6/24(金)
●出演:金 大偉(piano、vln 他&Visual) 岩崎裕和(piano 他)
●ゲスト:原郷界山(尺八) 関 亜弓(dance) 大園康司(dance) 倉岡未來人(ダンス構成、衣装) 徳富政樹(朗読)ほか

6/25(土)
●出演:金 大偉(piano、vln 他&Visual) 岩崎裕和(piano 他)
●ゲスト: 鈴木生子(クラリネット) 関 亜弓(dance) 大園康司(dance) 倉岡未來人(ダンス構成、衣装) 徳富政樹(朗読)ほか

各日入場:¥2000(ドリンク付)
場所:ギャラリー ル・デコ
〒150-0002渋谷区渋谷3-16-3 ル・デコ ビル 1F
tel: 03-5485-5188
JR渋谷駅より徒歩6分, 新南口より徒歩1分(明治通り恵比寿方向へ、右側にあり、道の反対側にスターバックスとサイゼリヤがあり)
http://home.att.ne.jp/gamma/ledeco/

企画:TAII Project http://www.kintaii.com
制作協力:ギャラリー ル・デコ、新しい表現の会 ほか

出演者略歴
● 金 大偉(piano、vln &Visual)
国内外で活躍する中国出身のアーティスト。独自の技法で音楽、映像、美術などの世界を統合的に表現。音楽CDや映像作品など多数リリース
●岩崎裕和(piano 他)[obaiwa]
クラシックからJAZZ、現代音楽など総合的に活躍する音楽家。元キングクリムゾンのデビット・クロスバンドのオープニングアクト・北欧等、国内外様々なジャンルとの共演多数
●鈴木生子(クラリネット)
霧島音楽祭奨励賞およびグローバルユース賞などを受賞し、国内外で活躍するクラリネット、奏者
●原郷界山 〈尺八〉
都山流師範、 獅子の会所属、尺八本曲から現代音楽まで幅広く演奏活動を行う。2005年、くまもと全国邦楽コンクール奨励賞受賞。
●関 亜弓(dance)
5歳よりクラシックバレエを始め、12歳のとき日本ジュニアバレエのオーディションに合格。大学在学中、歌舞伎を三代目市川右之助に師事。実演をきっかけに研究をはじめ、舞台に立つ傍ら歌舞伎ライターとしても活動中。
●大園康司(dance)
5歳より日本舞踊を学び、桜美林大学総合文化学群演劇専修入学後、コンテンポラリーダンスを木佐貫邦子、近藤良平に学ぶ。2010年より、橋本規靖とダンスユニット「かえるP」を結成し、自身の創作活動を本格化させている。

●倉岡未來人/ダンス構成・衣装
●徳富政樹/朗読

お問い合わせ、予約申込は新しい表現の会までお願いいたします。
newexpressionfromasia@gmail.com

または私に直接いっていただければ
活力アップします。

よろしくお願いします。
[2011/06/16 15:51] | | トラックバック(0) | コメント(0)
カメレオンライフその3
ということで、「まぐまぐTV第2弾 ホリエモンと7人の女達」
のことを記します。

私は市川染五郎さんの電子書籍を発行したレーベルpublamの、
西原理恵子さんのメルマガ担当として出演させていただきました。
と、さらっといってますが普通に
「収監前だよホリエモン」

そんな時期に直接お話させていただいたことは、
かなり貴重な経験だったと思います。
質問に、誠に丁寧に答えてくださり感激の極みでございます。

生中継ということで視聴者から罵詈雑言を
浴びせられないか心配しましたが、特に私が患うような事態もなく
無事に終わりました。控室に戻りほっとしていたら
「演じてたね~」といわれましたが。。

というわけで今回も、先日の舞台顔合わせに続き素敵な出会いがありました。
進行役の魚住りえさんは私が大好きだった「所さんの目がテン!」
のアシスタントを務めていらしたアナウンサーの方だし。
(小学校の頃、日曜早朝に目がテンをみてから遠方のバレエに行っていました)

「たみおのしあわせ」で麻生久美子さんが囲碁やってるのをみて以来、
囲碁やりたいなーと思っていたら稲葉先生とお近づきになり、
囲碁を教えていただけることになったし!
わくわく。



ところで、いろんな自分に変色している自分を
カメレオンのようだと思って
タイトルにしてみたけど、実際、カメレオンって周囲の色に合わせて
自分の色を自由自在に変えらえるわけではないんだって。
種によって変わる色は決まっているらしいし、ほとんど変わらないのもいるらしい。

やっぱり、やみくもに変色出来る能力なんて自然界でも
必要としてないってわかってなんかほっとした。
自分の好きな何色かに変われたら、それでいいんじゃないか。

いろんな人といろんな場所で会う。
そのとき「今自分は何としてこの場にいるか」を
ちゃんと意識しなきゃと思ってた。
演者として?書く人として?踊る人として?

でも実際は関亜弓としてしかいられない。
そいつが演じたり書いたり踊ったりしているだけ。
それを自覚して、もう少し肩の力を抜いていこうと思う。

そう、







まぐまぐちゃんのように



magumaguchan.jpg
だ。

(出演記念にいただきました)

[2011/06/10 11:53] | | トラックバック(0) | コメント(0)
カメレオンライフその1その2
ここ数日間のカメレオンライフ。
出るほうだったり聞くほうだったり
変色しながら生きています。

その1
舞台「友情」の懇親会で出演者の方々と
初顔合わせ。

主演の内海さんが明るく場を和ませてくださり
(今日はローラースケート忘れましたとか笑)
終始和やかな会でした。

山崎バニラさんとは、歌舞伎の話で盛り上がり、
早速観劇会を開催しましょうということに!
わくわく

台本の重みを感じつつ、稽古までの
時間を大切にしようと思った15の夜。
(あ、さば読みすぎました)


その2
服部有吉さん取材

バレエモバイルの取材で神楽坂へ。
昨年はWS、今年はWS公演と進化する服部さんの
着実な活動は本当に素晴らしいです。

インタビューのはしばしに
「つなぐ」ということの重要さを最近特に
考えていらっしゃることを感じました。

詳細についてはバレエモバイルにてっ

ちなみにこちらの公演「ステップ1」を
本日6月10日19時30分よりUstream配信するとのこと!!

http://www.ustream.tv/channel/step1-iwato
当日駆けつけられない方や地方の方は
中継でぜひお楽しみください。
もちろん、ご都合つく方は是非劇場での観劇をお勧めします。

「ただ観る舞台にしない」そうなので・・・!

公演情報はこちらです。

============================================================
【東京公演】
6月10日(金) ・19:30
 11日(土) ・14:30・・19:30
 12日(日) ・14:30

  
●チケット料金:全席自由 前売:4,800円 当日:5,000円


(1)メールにて予約をしてください。当日清算にて受付けします。
  (日時枚数、お名前を添えて)

   確認の為の、お返事メールいたします。

   office_b_t@yahoo.co.jp

(4)当日、開場前に受付お越しください。受付順にご入場となります。

全席(招待客含め)自由席となります。

【熊本公演】
6月19日(日)18:30
会場:熊本県立劇場 演劇ホール
全席指定

一般:5000円 
高校生:4000円 
中学生:3500円 
小学生:3500円

熊本公演専用チケットお申込み(eプラスのサイトへ移動します)

============================================================
東京公演千秋楽は残りわずかだそうです。
お早目のご予約をおすすめします!

カメレオンライフその3に続く
[2011/06/09 11:49] | 演者 | トラックバック(0) | コメント(0)
涙腺強化週間
先週今週は連続で友人の結婚式でした。
いやーほんとキレイで幸せそうで。

結婚式はそこにいるすべての人が笑顔だから嬉しくなってしまいます。

そして私は必ずといっていいほど、結婚式で泣いてしまいます。
(今回も二回とも泣いてしまいました)

いやもう条件反射なんですけど、

まず

花嫁さんの白さ


にやられて、そのあと



お父さんの感極まった感じ



に共感してしまい、もう、なんか感動してしまうのです。

で、お父さんから新郎に引き継がれるとき

「娘を頼む」

って心の中で、もう、お父さんと同化してしまうという。

いや、私は育ててないんですけど。

とにかく幸せいっぱいもらってきました。



それにしても最近涙もろいのか、すぐ目から鼻汁。



この間なんて

仮面ライダーの生い立ちを聞いて
うるっとなり


「まるまるもりもり」

を見てて、涙が止まらず。


ブラックジャックのお寿司屋さんの
話は読んだんじゃなくストーリーを聞いただけで即時に
泣いてしまった。電車で。



涙腺を強化するにはどうしたらいいんじゃろうか。
いいトレーニング方法があったら教えてください。




※タイトルの「涙腺強化しゅうかん」を変換したら
最初「収監」とでてきた。

あぁまた泣きそう。
[2011/06/04 11:35] | | トラックバック(0) | コメント(0)
プロフィール

関亜弓

Author:関亜弓
ブログ移行のお知らせ

お手数ですが
新しいブログのURL

http://ameblo.jp/sekiayumi828/

へのブックマークの変更をお願いします。


○出演情報詳細は関亜弓公式サイトをご参照ください

○所属事務所:バウンドプロモーション

・出演情報
クロワゼ(雑誌)
ワコール CW-X(広告)

(執筆)
【電子書籍】publamより「市川染五郎の妄想歌舞伎デイズ」」App storeにて発売中
上記サイト内で染五郎さん直筆メッセージ・CGクリエイターの秋元きつねさんの歌舞伎アニメ動画をチラ見できます!

染五郎さん公式ブログ
歌舞伎美人ニュースページ
にも掲載!

ダウンロードはこちらのページより!

【雑誌】小学館 Cheese! 歌舞伎漫画「ぴんとこな」コラムページ「ぴんとこなナビ」連載中

【舞台】
(new!)【京都×横浜プロジェクト2011 『夏祭浪花鑑』出演決定】

●京都公演
日程|2011年12月8日(木)~11日(日)@アトリエ劇研
●横浜公演
日程|2010年12月16日(金)~19日(月)@STスポット

演出|白神ももこ[モモンガ・コンプレックス]
監修・補綴|木ノ下裕一  美術|杉原邦生


出演|楠 海緒/重岡 漠(青年団)/関 亜弓/殿井 歩/富松 悠/松尾 恵美/連 木綿子



「友情~秋桜のバラード~」
看護士 佐々木万里役 出演
※大盛況のうちに閉幕いたしました。
ご来場ありがとうございました。

【出演】
内海光司/星奈優里/手塚学/名和利志子/小野剛民/関亜弓/高樹京士郎/藤井美加子/大門正明(三越)/山崎バニラ(渋谷)/他

【CM】ハウス食品:ウコンの力
からだ巡り茶(webCM)

【公式携帯サイト】Ballet-Mobile(バレエモバイル)編集長
【web連載】「ちゃぶーん!」たべものニュース執筆
(ジュニア野菜ソムリエとして)

Ballet-Mobile QRコード

公式サイトとして唯一のバレエ専門携帯サイト。 踊れる編集長として、公演情報・バレエコラム・インタビュー動画を随時更新中。

QR

※携帯からのみ閲覧いただけます

最新記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

カテゴリ

読書メーター

自滅の最近読んだ本

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

読書メーター

自滅の今読んでる本

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。