スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
「ジャンルを超えた」の枕詞
劇場に入り浸り

(注:入ったり浸ったり)


なこの週末。

金曜日から月曜日のうちに



新橋演舞場



大和田さくらホール


国立劇場



下北沢 駅前劇場



国立能楽堂



神楽坂セッションハウス





という



時代を超えて、ジャンルを超えての

大スペクタクル観劇。



歌舞伎に始まって人形劇で終わる
お腹にやさしいフルコース。




レディガガ(イメージの衣裳)を纏った

人間国宝の宙乗りも、


相変わらず繊細で暴力的で、
やわらかくてやさしくない、
中毒性のある芝居も、







全部この目で見とかないと



絶対後悔すると思った。



舞台を見ても

「かたち」には残らないけど



ブランドのバッグを手にする喜びよりも、




羨望を超えて嫉妬にかられる演技を目撃したときの、



全身が心臓みたいになる感覚のほうが



今の私には必要。













な気がしまーす。

はい。


そういえば

人形劇公演の10月10日で、

コンドルズは15周年だそうです。

15年前て、私ランドセル背負ってたよ。。

進化はしまくっても、変化はしない
恐るべきカンパニー。


1000人規模劇場の全国ツアーの最中、
15年前に初めて踊った小劇場で

人形劇公演をやってのけるなんて、
かっこよすぎる。

一緒に行った先生は15年前から見ているけど、

「やっていることは変わっていない」とおっしゃっていたから間違いないだろう。


で、その先生ともこの11月で

出会って9年になるということに、
話していて気づきました。はや!
私せーふく着てたよ。。

その当時は

ダンスマガジンの誌面でいつも拝見していた
雲の上の存在であったお方。

学内でも劇場でも
飲み屋さんでもかまわず、
せんせーせんせーと
まとわりつかせていただかせていただけることになるなんて、
(勝手にですが)

当時は思ってもみませんでした。


ありがたや。




で、色々観まくりつつ

演劇祭の打ち合わせとか、良平氏のインタビューとか、web
つくったりとかもしてました。



立場もジャンルも超えての

大スペクタクルジョブ。

これからも



遂行していきます。


あ、

スペクタクルという言葉を乱用したいがために生じる、

微妙な違和感は
この際
気にしないでください。
[2011/10/10 16:09] | 演者 | トラックバック(0) | コメント(0)
ジンギスカンとシベリア
紫吹淳さん主演、
市川猿之助さん総合演出の

ジンギスカン

を観に行きました!


出るほうでお世話になっていた
渋谷の大和田文化センターだったのですが、

一か月しか経ってないのに
既に懐かしいという感覚。
光陰矢のごとし。



と思い出に浸る前にお腹がすきました。

ので、

開演前、一度も行けなかった、
劇場下のイタリアンにマネージャーさんと腹ごしらえ

Kマネージャーは、第二の母のような存在

(実際、実の母上にも似ていて、
一か月前、初対面した際、

「確かに似ているかもしれない、、」

と双方からのお墨付きです(笑)


これまでのこと、今後のこと、色々じっくりことことお話。

あ、そういえばブログをお引っ越しすることになりそうです。

どきどき。




さて、開場時間となり、事務所の他の子たちとも
合流していざいざいざ。



入った途端、蘭の芳しい香り。

ロビーには沢山の花が溢れていました。




あ、内海さんからのお花発見!



さてお芝居のほうは歌あり、アクロバットあり、殺陣ありの
壮大なスケールの舞台でした。

紫吹さんの圧倒的なオーラと、
鈴木亜美さんの愛らしさも鼻血もの。



休憩中に、友情に引き続き、ジンギスカンでも音楽を担当されている
ヒカシュー・坂出さんとごあいさつ!



謎のお土産までいただきました。


シベリアの。



関「なんですかこれ」




坂出さん「松脂だよ」




Kマネ「え、あのトゥシューズの滑り止めの??」





関「どう使えばいいんですか?」








坂出さん「食べてみなよ」








関・Kマネ「・・・・・」






もちろん、まだ試せてません。
しかもロシア語読めなくて、未だに
どうしたらいいかわかりません。


どなたか正しい使い方or食べ方をご存知の方、
教えてください。


お礼にこれ、差し上げます
yamazaki.jpg



うそです。

関係ないけど未だにこの商品名の由来がわかりません。

謎多き、シベリア。




ちなみにジンギスカンの舞台は
シベリアではなくて中国です。

13日が千秋楽ですので、皆様どうぞ
足をお運びください。
[2011/10/09 14:05] | 演者 | トラックバック(0) | コメント(0)
「ぴんとこな」が王様のブランチで!
恐れ多くもコラムページを描かせていただいている


嶋木あこ先生著の
歌舞伎漫画
「ぴんとこな」








TBS「王様のブランチ」




で紹介されました!!



しかも10分位に渡る特集っぷり!

興奮しすぎて


録画してるのに
放映中のテレビも動画で撮ってしまいました
(何時代だ)





こんな感じで




恭之助や一弥がしゃべったり




あやめちゃんが紹介されたり

谷原章介さんも読んでくれていて、コメントまで
してくださっていました。






孫が初めてテレビに出た時の
おばあちゃんの気持ちです。

危うく赤ペンでテレビにマルつけるところでした。



これを機に、まだ本編を読んだことない人は
要ちぇけらー
(何時代だ)


ぴんとこな 5 (フラワーコミックス)ぴんとこな 5 (フラワーコミックス)
(2011/07/26)
嶋木 あこ

商品詳細を見る

毎号、素敵な表紙のコミックスですが5巻は特にお気に入り。
なんてったってお嬢とお坊ですから。

ほんと嶋木先生のイラストは衣裳の細部にまで
こだわっていて、うつくしひ。


そして私も去年、終演後、お嬢の衣裳のまま電車のればよかったと

この絵をみる度に悔やまれます。






あ、不審者で捕まりますか。
[2011/10/08 23:21] | 歌舞伎 | トラックバック(0) | コメント(0)
芸術祭十月花形歌舞伎 夜の部
猿之助四十八撰の内
『通し狂言 當世流小栗判官(とうりゅうおぐりはんがん)』

================================    
小栗判官兼氏/浪七/娘お駒  亀治郎
照手姫  笑 也
鬼瓦の胴八  右 近
横山次郎/膳所の四郎蔵  猿 弥
後家お槙  笑三郎
浪七女房お藤  春 猿
横山郡司  寿 猿
横山三郎  薪 車
局 藤浪  竹三郎
矢橋の橋蔵/上杉安房守  獅 童
遊行上人  愛之助
横山大膳  段四郎

==============================

「スピード・スペクタクル・ストーリーという

「3S」

を活かした見どころ満載の作品です。」

という宣伝文句の通り、


まったく飽きさせない趣向。

締める所は締めるし、
ゆるめるところはゆるめる。


心底、このお役を猿之助さんの後に
出来るのは亀治郎さんしかいないと思った。

しかも小栗判官/浪七/娘お駒 三役ですよ。


これでもかっていう位、遊んでましたが、
獅童さんのキャラクターの入れ方も効果的で、
ほんと、今まで歌舞伎をあまり観ていないビギナーさんに
推薦したい演目。



国立劇場以外で、あまり通し狂言はやらないけど、
ここまで一貫した演出、演目なら絶対やるべき。

またこぼれ話ですが、初日の終演後に、
照手姫を勤める市川笑也さんに

賞状とガラスの靴

が贈られたのだそう!

なんでも今回の上演にあわせ設けられた

「シンデレラ賞」

という特別賞を猿之助さんから授与されたとのことで、


笑也さんは『當世流小栗判官』に
昭和58年の初演から出演し、最初は


「馬の脚」


を勤め、

平成5年より照手姫を勤めるようになり、

その研鑽に対しての表彰となったとのこと。



馬の脚から姫へ変身するなんて、ほんと
現代のおとぎ話のよう。

ええ話ですなー



終演後、現在は埼玉の劇場で働く
高校時代の友人とごはん。

芸術系ではない私の母校(しかも外国語科)で
そちらの方面に進む子はとってもレアな存在。

高校時代の友人と芝居の話が出来るって素敵。


でも私は彼女の才能に在学時代から知っていた!
(←なぜ威張る)

というのも

現代文の授業で、

「詩を書いてクラスのみんなに見せて、しかも気に入ったのに投票する」

という超恥ずかしい授業があったのですが


そのとき、彼女の

「ミシン」
という詩がすごく
印象的で投票したのを今でも覚えている。



ちなみに私は

「赤い海」

とかそんな感じだった気がする。




たぶん、血、関連。



ホラー!!




ちなみに一回目出したとき、
その国語の先生に
一行以外
全面書き直させられたのも
いい思い出です。



[2011/10/07 22:44] | 歌舞伎 | トラックバック(0) | コメント(0)
名前の由来はガラスの仮面です(きっぱり)
かつての恩師と会い、語り明かしました。


いつも当時を振り返ることになり、



私の

手に負えない傍若無人っぷり



見切り発車っぷり

をとうとうと聞かされます。

その節は本当に、本当にお世話になりましたー。



そんな関亜弓が、なんやかんやで
良い報告できている事に
また

悔しい

と形容してくださいました。



(その先輩の「悔しい」とはつまり「頑張ってるのね」と
同義語だと、最近はすぐに理解できるようになりました)


その後、私の亜弓という名前の話題で、

「似てるかもね。姫川亜弓。努力の人」

といってくださり。
(注:容姿でというわけではないと思うので
殴らないでください)

嬉しくて、いただいたばかりの
チョコレートがけちんすこうを一気に食べそうになりました。
(怪奇行動)


そういえば最近、母が

私のガラスの仮面全巻をよみだした

という話は既出ですが、


「亜弓さんていいよね」

から始まり


「姫川亜弓にあやかって
名付けたってことにしていいわよ」



というまさかの


名前の由来後付け推奨

発言!




(ちなみに私の命名に姫川さんが関係ないことは父の発言参照)


ということで、これからは

「両親の





”姫川亜弓のような女優に”

という大それた想いに沿うため役者を志し、今に至ります」

ということにします。


というわけで、












かっこいい白目のむき方を
研究します。
IMG_2611_convert_20111009214444_20111009214535.jpg




こんなこといえる領域に達するにはあと三回位転生する必要があるかと。
IMG_3525_convert_20111009222641.jpg





おまけ

文庫版のほうに毎回著名人の方の解説があるのですが、
17巻は

染五郎さん!


「姫川亜弓に肩入れしたくなる」

というくだりに注目です(笑)

[2011/10/06 01:22] | | トラックバック(0) | コメント(0)
前のページ 次のページ
プロフィール

Author:関亜弓
ブログ移行のお知らせ

お手数ですが
新しいブログのURL

http://ameblo.jp/sekiayumi828/

へのブックマークの変更をお願いします。


○出演情報詳細は関亜弓公式サイトをご参照ください

○所属事務所:バウンドプロモーション

・出演情報
クロワゼ(雑誌)
ワコール CW-X(広告)

(執筆)
【電子書籍】publamより「市川染五郎の妄想歌舞伎デイズ」」App storeにて発売中
上記サイト内で染五郎さん直筆メッセージ・CGクリエイターの秋元きつねさんの歌舞伎アニメ動画をチラ見できます!

染五郎さん公式ブログ
歌舞伎美人ニュースページ
にも掲載!

ダウンロードはこちらのページより!

【雑誌】小学館 Cheese! 歌舞伎漫画「ぴんとこな」コラムページ「ぴんとこなナビ」連載中

【舞台】
(new!)【京都×横浜プロジェクト2011 『夏祭浪花鑑』出演決定】

●京都公演
日程|2011年12月8日(木)~11日(日)@アトリエ劇研
●横浜公演
日程|2010年12月16日(金)~19日(月)@STスポット

演出|白神ももこ[モモンガ・コンプレックス]
監修・補綴|木ノ下裕一  美術|杉原邦生


出演|楠 海緒/重岡 漠(青年団)/関 亜弓/殿井 歩/富松 悠/松尾 恵美/連 木綿子



「友情~秋桜のバラード~」
看護士 佐々木万里役 出演
※大盛況のうちに閉幕いたしました。
ご来場ありがとうございました。

【出演】
内海光司/星奈優里/手塚学/名和利志子/小野剛民/関亜弓/高樹京士郎/藤井美加子/大門正明(三越)/山崎バニラ(渋谷)/他

【CM】ハウス食品:ウコンの力
からだ巡り茶(webCM)

【公式携帯サイト】Ballet-Mobile(バレエモバイル)編集長
【web連載】「ちゃぶーん!」たべものニュース執筆
(ジュニア野菜ソムリエとして)

Ballet-Mobile QRコード

公式サイトとして唯一のバレエ専門携帯サイト。 踊れる編集長として、公演情報・バレエコラム・インタビュー動画を随時更新中。

QR

※携帯からのみ閲覧いただけます

最新記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

カテゴリ

読書メーター

自滅の最近読んだ本

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

読書メーター

自滅の今読んでる本

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。